フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 京都迷宮入りⅥ(その4:祇王寺) | トップページ | 京都迷宮入りⅥ(その6:二尊院) »

2009年1月31日 (土)

京都迷宮入りⅥ(その5:滝口寺)

祇王寺の隣?には、滝口寺がある。

Img_2166

滝口寺は、浄土宗の寺で、山号は、小倉山である。そう小倉百人一首の小倉山である。藤原定家は、小倉山の麓の時雨亭で、和歌を選んだそうな・・・。

ところで、滝口寺は、元の名を往生院三宝寺といい、祇王寺と同様、廃寺となっていたものを、明治時代に再建したものだ。後に記す滝口入道にちなんで、滝口寺と名づけられた。

それにしても閑散としている。

Img_2167

入り口にすぐ近くには、新田義貞の首塚がある。北陸で敗死した後、三条川原でさらし首になっていたのを、義貞妻が盗み、小倉山に葬ったとか・・・

延々と山道を歩かされる。

しばらくして、本堂が見えてきた。

Img_2168

う~む、寺に見えませんな。なんか古民家みたい・・・

本堂に上がり、外を見てみた。

Img_2169

今の時期は、あまり景色がよくないらしい。

Img_2170

滝口入道(右)と横笛(左)の木像である。

滝口入道は、元は、斎藤滝口時頼といい、平重盛の侍であった。ある日、花見で女官横笛の舞を見て、一目惚れする。それで恋文を送ったりするようになるが、親父がそれを知り、

「色を知る年か!」

と、一喝した。

で、いろいろ自問自答の末、時頼は、出家してしまう。。。

時頼の出家を聞いた横笛が、悲観にくれ、時頼を探し、往生院までやってくる。

横笛は滝口入道に居留守を使われるわけだが、路傍の石に歌を書き、去ったと言う。

横笛はその後、出家し、早死に・・・

滝口入道は、出世したという・・・

Img_2171

横笛の歌石があるというので、探すと、ありました。

この記念碑がそうかと思うと、その右奥にあるのが、そうらしいですな。画像が半分切れている。失敗だった。      

« 京都迷宮入りⅥ(その4:祇王寺) | トップページ | 京都迷宮入りⅥ(その6:二尊院) »

京都府」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。