フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 京都迷宮入りⅥ(その3:化野念仏寺) | トップページ | 京都迷宮入りⅥ(その5:滝口寺) »

2009年1月29日 (木)

京都迷宮入りⅥ(その4:祇王寺)

祇王寺にやってきた。

Img_2157

Img_2158

祇王寺は、真言宗大覚寺派の尼寺である。山号を高松山、院号を往生院という。元々は、浄土宗のお寺であったようだが、明治初期に廃寺となった後、真言宗のお寺として、復興したようだ。

料金所で、二人のご夫人にコーヒーの試供品をもらう。なぜかは後で解説する。

ご婦人:こんなおばさんにもらっても嬉しくないやろ?

JIN:いえ、貴方だからいいのですよ・・・。アナタガチュキダカラ~↑

かなり演出しております。

Img_2159

早速仏間が見える。

このお寺は、ずいぶんこじんまりしており、お寺っぽくない。

Img_2160

苔むした庭が雅である。

Img_2161_2

ところで、私もよく知らないのだが、平家物語に祇王という白拍子がでてくる。白拍子とは、舞を踊る遊女のことである。祇王は、平清盛の寵愛を受けた。当時の白拍子は、遊女と言えど、平家や源氏など、権力者の寵愛を受けることが多く、なかなかインテリであったようだ。

で、祇王だが、平清盛が別に仏御前という白拍子に熱をあげてしまい、屋敷を追い出されるわ、恋敵の仏御前の暇つぶしに踊れと言われるわ、散々な扱いを受ける。あまりのことに母と妹とともに、この祇王寺(かつての往生院)で尼となったのだ。

それだけではない。一部始終を見ていた仏御前は、あまりの祇王の悲惨ぶりに同情し、一緒に仏門に入ることになる。

この話だけを聞くと、清盛って、最低ですな。

Img_2162

Img_2163

仏間の前で猫が水を飲んでいた。ほのぼしてますな。

おやおや、JINさん。いつもの猫可愛がりですか?

仏間は撮影禁止なので、画像はない。一部のブログでおもいっきり載ってるのを見かけたが、だめですからっ!( ̄▽ ̄)

仏間には、本尊の大日如来のほか、清盛、祇王、祇女(妹)、母刀自、仏御前の木造が祀られている。

その奥の控の間には、吉野窓という有名な窓がある。実は、某コーヒーのCMで使われたことがある。

日本人はうるさい!うるさい!うるさい!

の、ネ○レの香○焙○である。

そう、料金所でもらった試供品はこれだったのである。

ちなみに、窓越しに見る景色は、さほど雅ではなかった。だって、普通にブッシュでっせ!映像技術って、すごいねヽ(´▽`)/

Img_2164

外を出れば、吉野窓の前はえらいことになっていた。┐(´д`)┌ヤレヤレ

Img_2165

右が清盛供養塔で、左が祇王、祇女、母刀自の墓である。

こまい寺の割には、なかなか面白かった。吉野窓の外とか・・・         

« 京都迷宮入りⅥ(その3:化野念仏寺) | トップページ | 京都迷宮入りⅥ(その5:滝口寺) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。