フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 中国大返し(その3:大山祇神社) | トップページ | 中国大返し(その5:耕三寺中編) »

2009年1月11日 (日)

中国大返し(その4:耕三寺前編)

大三島から生口島に渡ってきた。隣の島であるが、こちらは広島県である。

目的地は、耕三寺である。浄土真宗本願寺はのお寺で、山号は潮聲山である。実は、この寺、珍寺マニアの中では、非常に有名なお寺なのである。

駐車場に車を止めて、歩くと、やたら赤い門が見えてきた。

Img_2051

期待に胸が膨らむ。

Img_2052_2

Img_2053

なんて、山門であろうかっ!

とても日本のお寺ではない。香港か台湾みたいである。

拝観料を払う。

(・_・)エッ....?

今何と?

おばさん:1,200円になります。

・・・・・・・・・・・・

高っ!

これで、しょぼかったら、責任者呼んでこーいっ!の世界である。

高すぎる値段設定に少し、後ろめたいものがあるのか、ペットボトルのお茶をサービスでくれた。それと、スタンプラリーをすると、絵葉書がもらえるらしい。

では、早速見学である。

Img_2054

早速、五重塔がそびえ立っている。モチーフは室生寺である。

Img_2055

法宝蔵というらしい。戦争で消失した四天王寺の金堂をぱくったらしい。

中は、金持ちのコレクションを展示している。

金持ち。。。

耕三寺を開山した和尚、耕三寺耕三氏は、大阪で成功した実業家である。後年、おかんの菩提を弔うため、僧籍に身を移し、この寺を開山したのだ。そして、稼いだ金を惜しげもなく、使ったのだから、大層ブルジョアなお寺である。ちなみに、日本中の有名なお寺をぱくっている。

Img_2056

こちらは、僧宝蔵で、茶道具を展示している。

Img_2057

どっかで見たな。。。

http://markun-angya.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_e312.html

Img_2059

どっかで見たな。。。

http://markun-angya.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_cbcf.html

それにしてもどえらく金がかかっている。

料金は少々高めであるが、「寺はテーマパーク」という私の持論に見事に合致した、素晴らしいお寺である。ここを参拝するお客は、当然、そういうものを期待しているのでしょうな。。。

耕三寺の全貌は、まだまだ序の口である。次回へ続く。

« 中国大返し(その3:大山祇神社) | トップページ | 中国大返し(その5:耕三寺中編) »

広島県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国大返し(その3:大山祇神社) | トップページ | 中国大返し(その5:耕三寺中編) »