フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 中国大返し(その5:耕三寺中編) | トップページ | 2009年初夢シリーズ(その1:住吉大社) »

2009年1月13日 (火)

中国大返し(その6:耕三寺後編)

千仏洞地獄峡から地上に出た。シャバの光が眩しいぜ・・・

Img_2088

救世観音大尊像とある。その名のとおり、法隆寺夢殿の救世観音像をぱくったものだ。本物は、こんなにでかくない。これは15メートルあるらしい。

Img_2089

茶祖堂とある。

Img_2090

中を覘くと、なんか茶人が鎮座されていた。使い古した茶葉を箱に入れると、法要をしてくれるらしい。

Img_2092

多宝塔は石山寺のぱくり。

Img_2091

この階段の向こうに、未来心の丘とやらがあるらしい。ちなみにバリアフリーも考えられているのか、エレベーターも設備されている。

Img_2093

おう!階段を上ると、そこは一面、大理石だった。。。

Img_2094

なんじゃこりゃ?

Img_2095

天猫らしい。

「仏教護法の十二天より「月天」を望む猫・・・イタリアのお月さまもいっしょかな」

誰か、この電波語を解読してくだちい。

イタリアというのは、この大理石がイタリアから輸入されたからどろうけど・・・

Img_2096

喫茶店も完備されている。

Img_2097

なんじゃ、あの合掌は?

Img_2098

Img_2099

光明の塔とある。

「仏教護法十二天より 「日天 」が放つ光(希望)の塔・・・ 西に沈む太陽に合掌」

やっぱ、合掌なんや!?!!(゚ロ゚屮)屮

Img_2100

風光明媚な瀬戸内の景色と大理石の珍オブジェのコンストラクトがシュールである。

未来心の丘を後にし、戻ってきた。

Img_2102

なかなか面白いつくりですな。上にある建物はさっきの茶祖堂である。

Img_2103

銀龍閣である。当然、銀閣のぱくりである。

http://markun-angya.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_a02b.html

Img_2106

お母様のお部屋?

Img_2104

こいつが書院かと思いきや、書庫のようだ。

Img_2105

これが、潮聲閣(書院)である。耕三和尚がお母様のために建てたものである。

この前でスタンプラリーのスタンプを押していると、信者の方が、どうぞ中を見学してくださいと声をかけてくれた。では、見学させていただく。

玄関では、明日行うという餅つきの用意をしていた。

ご婦人の後に着いて、台所やら浴室やら、豪華な客間などを見ていく。そして、最後に・・・

「こちらがお母様のお部屋です!」

思わず顔がにやけそうになるのを我慢する。

なんか売れないマジシャンとワラビ餅好きの大学教授のコンビの推理ドラマでこんなん見たような・・・。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

書院をでて、とある水槽を覗くと、天然記念物のオオサンショウウオがいた。

Img_2107

ちゃんと許可得ているのかな?許可を得ず、所持すると文化財保護法でぱくられますよ。

Img_2108

鐘を打ち鳴らし、耕三寺をでた。

しかし、これだけではない。

Img_2109

耕三寺博物館である。耕三和尚がかき集めた文化財が展示されている。

ちなみに、島にまつわる文化財は一つもない。ここで、スタンプラリーを終了し、絵葉書をもらった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

耕三寺を後にし、もう日没コールドである。

一路、神戸の実家に向う。因島で実家に電話をする。

「ごめん、今因島。少し遅くなるわ。」

呆れられた。

Img_2110

ちなみに耕三寺でもらったお茶は、なんかえげつない味がした。

おしまい。      

« 中国大返し(その5:耕三寺中編) | トップページ | 2009年初夢シリーズ(その1:住吉大社) »

広島県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国大返し(その5:耕三寺中編) | トップページ | 2009年初夢シリーズ(その1:住吉大社) »