フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 佐賀ぶらり旅(その2:佐賀市歴史民俗館) | トップページ | 英彦山チャレンジ(その1:英彦山神宮前編) »

2008年12月 1日 (月)

佐賀ぶらり旅(その3:高伝寺)

佐賀藩主鍋島家の菩提寺、恵日山高伝寺にやってきた。

Img_2176

1552年、鍋島清房により創建された曹洞宗の寺である。

Img_2177

立派な山門である。

Img_2178

山門を抜けると、すぐに本堂がある。

Img_2181

Img_2179

本堂から山門を眺める。

Img_2182

鍋島家と竜造寺家の位牌が安置されているらしい。

Img_2183

織部燈篭という。別名キリシタン燈篭といい、へうげもの古田織部の考案とされているらしい。何故、織部がキリシタン?と調べると、そういう説があるらしい。さらに、キリシタン燈篭というのも、その斬新なデザインから隠れキリシタンの礼拝物に違いないという説があるからで、眉唾な話らしい。

Img_2184

本堂の裏手に廻る。

Img_2189

一面の墓地は、鍋島家と戦国大名龍造寺家の墓である。最後の佐賀藩主鍋島直大が散在していた鍋島家先祖の墓と龍造寺の墓を集め、整備したのだ。

Img_2187

龍造寺初代の遠祖、季慶の墓で、西行法師の叔父らしい。マニアックだが、立派な墓だった。

Img_2188

左側が戦国大名、龍造寺隆信の墓である。これぞ、九州三強の一人である。大友を破る金星を挙げたが、島津の前に敗れ去った。それにしても、戦国のビッグネームを前に感動を覚える。

Img_2190

すっかり戦国ロマンに酔いつつ、帰福した。

おしまい。

« 佐賀ぶらり旅(その2:佐賀市歴史民俗館) | トップページ | 英彦山チャレンジ(その1:英彦山神宮前編) »

佐賀県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。