フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 英彦山チャレンジ(その4:英彦山その他) | トップページ | 香港珍道中(その1:黄大仙廟) »

2008年12月13日 (土)

英彦山チャレンジ(その5:小石原焼物紀行)

小石原焼とは、福岡県東峰村(旧小石原村)で焼かれている焼物である。1682年に黒田が伊万里から陶工を招いたことに起源を持つ。大分県日田の小鹿田焼に技術が伝承されており、小鹿田焼とは、姉妹関係である。陶芸家バーナード・リーチに賞賛されたと言う。

英彦山から小石原は結構近い。

ということで、やってきた。

Img_1917

まずは、小石原焼の歴史から勉強する。小石原焼伝統産業会館にやってきた。それにしても、人気がない。そして、バブリーな建物だ。

中を見学する。

Img_1911

中では、遺跡からの出土品から現代の作品まで、幅広く展示されている。

Img_1912

この辺は、江戸時代の出土品がメインのようだ。

Img_1913

この狛犬はなかなか面白い。一家に一台欲しいくらいだ。

Img_1914

素焼きからの工程が説明されている。焼物系の博物館って、だいたいこんな感じのような気がする。

Img_1915

今度は、現代作家たちの作品だ。

Img_1916

優秀作品の上には、日本各地の焼物産地が図示されている。

いや~、勉強になりましたっと。。。

続いて、高取焼宗家にやってきた。高取焼とは、直方から始まった焼物で、元々、秀吉の朝鮮出兵の折、陶工八山を連れ帰ったことに起源がある。その後、小石原に移り、小石原焼に多大な影響を与えた。

Img_1918

古っ!

凄い歴史のある家である。

Img_1919

家の隣には、何故か神社が・・・。

Img_1920

軒先には、ジャンク品なのか?作品が並べられている。あまりの歴史の重みに少し緊張して、中に入る。

中に入ると、所狭しと作品が並べられている。結構リーズナブルな作品もあり、安心した。八山氏の作品には十二代と十三代のものがある。弟子の作品は、高台のところに高取と書いてあるが、八山氏の作品は八山と書いてある。この辺は、なんか知ったかぶりのおばんが店の人を捕まえて、しゃべっていたので、よく分かった。なんとも面倒くさそうなおばんで、店員さんの表情が曇っていた。まあ、私にはいい勉強になったけど・・・。

すっかり、悦に浸り、お土産でリーズナブルな爪楊枝入れと湯飲みを買って帰った。今、お茶を飲みながら、ブログを書いているが、当然、このとき買った湯のみで飲んでいる。

おしまい。

« 英彦山チャレンジ(その4:英彦山その他) | トップページ | 香港珍道中(その1:黄大仙廟) »

福岡県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 英彦山チャレンジ(その4:英彦山その他) | トップページ | 香港珍道中(その1:黄大仙廟) »