フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 香港珍道中(その4:夜景) | トップページ | 中国大返し(その1:錦帯橋とその周辺前編) »

2008年12月26日 (金)

博多を歩こう!Ⅲ(櫛田神社)

平成20年12月21日。友人の師匠とクリスマスムード漂うキャナルシティでミッションをこなした後、まだもう一勝負と鼻息荒い師匠と別れ、櫛田神社に寄ってみた。

Img_1933

博多の祭りといえば、博多祇園山笠である。7月にあるとても荒々しい祭りで、むっさい男たちが、山笠と呼ばれる山車を引き回すのである。よくニュースにも映像が流れる。それにしても、京の都では、コンチキチンと雅な祭りが、西に行けば、こんなにも男臭い祭りになるのは面白い。

で、この博多祇園山笠は、今回訪れた櫛田神社の祭りである。旧社格は、県社であるが、大社揃いの福岡にあって、大宰府、宗像の次くらいに有名な神社である。

Img_1934

全国にある櫛田神社は、普通、櫛名田姫を祭神とするが、ここの櫛田神社は、大幡大神、天照大神、素盞嗚尊を祭神とする。

元々は、松坂の櫛田神社を勧請したものだが、藤原純友の乱を鎮めるため、八坂神社に祈願したら、平定できたので、八坂神社の素盞嗚尊を勧請したものらしい。

Img_1935

Img_1936

本殿の手前には、霊泉鶴の井戸なるものがある。なんでも不老長寿の水らしい。

Img_1937

早速飲む。

しょっぱ、苦っーーーー・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

今まで、不老長寿の水なるものは、いくつか飲んできたが、こんな不味いものは初めてだ。これは、いわゆる冷えた温泉(塩化物泉)だ。

Img_1938

あまりの不味さにダメージは大きい。しかしながら、参拝する。

Img_1939

裏手に廻る。摂社で恵比寿宮があった。なかなか古びた鳥居だ。

Img_1932

山笠が飾ってある。

Img_1931

裏にも山笠が飾ってある。

Img_1940

この石は何かな?と思えば、歴代の横綱が石を抱え、奉納したものらしい。力あるよというアピールかな?

Img_1941

貴乃花じゃないですか!

Img_1943_2

この人の名を見ると、ホジルトで温泉治療がしたくなる。

Img_1944

いまやつぶれたヒキガエルと化した曙師匠・・・

Img_1930

これは神輿のようだ。

Img_1945

摂社・末社ご一行様である。

Img_1946

最奥部には、稲荷神社があった。

Img_1947

稲荷神社の鳥居をくぐると、なんだか楽しくなってくるのは、私だけだろうか?

Img_1948_3

ちょっと期待はずれの拝殿があった。

Img_1929

Img_1928

おしまい。

« 香港珍道中(その4:夜景) | トップページ | 中国大返し(その1:錦帯橋とその周辺前編) »

福岡県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。