フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 長野・群馬の旅(その3:草津温泉湯畑) | トップページ | 長野・群馬の旅(その5:金具屋(外観だけ)) »

2008年11月12日 (水)

長野・群馬の旅(その4:白根山湯釜)

白根山は、間もなく長野県に入るというところにある活火山で、その頂上には、火口湖がある。この火口湖を湯釜と呼ぶ。

Img_1337

途中で森林限界を経験し、着いた。かなりの涼しさである。

ちなみに平成18年にもこの湯釜を訪れている。

長野闘痔の旅その2

半袖・短パンで山を上る。

Img_1338

前回はとてつもなく寒く、おまけにガスで湯釜がほとんど見えなかった。今回も霧が激しくかなりやばい。

Img_1339

途中で、草花に癒される。

興奮した私はつい早歩きになる。このスピードに普通についてくるのは、JINである。社長とまきはのんびりと歩いてくる。このふじゅんの会では、よくある風景である。足の速さか、私とJIN、社長とまきの二組が自然とできてしまうのだ。

Img_1346

緊急避難場所?噴火があったら、ここに逃げ込めと・・・?

Img_1343

だいぶ高いところまで来た。

そうこうしていると、頂上に着いた。

Img_1340

今回は、ガスが晴れて、しっかり見えた。

この火口湖の水色は、美しいエメラルドグリーンなのである。

Img_1341

前回はほとんで見えなかったので、かなり興奮する。見事リベンジ達成である。

Img_1344

この看板の前はやはり大人気でなかなか写真に撮れなかった。

麓に下りる。

途中で、喫茶店のクロワッサンが焼きあがりましたという放送を聴いていた私たちは、一路喫茶店に・・・。

食った。

( ̄ー ̄)ニヤリ

普通。

駐車場前には・・・

Img_1347

鴨ですな。駐車場のおやじ曰く、野生だそうだ。

白根山を出発し、しばらく走ると・・・

Img_1348

日本国道最高地点があった。私たち以外に家族連れがいた。彼らの写真を撮ってあげる。まきが普通に彼らと会話していた。さすが・・・

しばらくすると、自転車のお兄さんがきた。お兄さんは、感極まって・・・

やったーーーーー。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

そして、栄誉を称え、お兄さんと世間話をするまき。

まきの会話能力には尊敬を覚える。まきにかかれば、初対面でも30分あれば、家族構成、趣味、恋人とうまくいっているかなど、個人情報の大流出が始まるのだ。

Img_1349

ちなみに日本国道最高地点の景色は最悪だった。

自転車お兄さんを置き去りにし、車は出発し、いよいよ長野県に突入した。

« 長野・群馬の旅(その3:草津温泉湯畑) | トップページ | 長野・群馬の旅(その5:金具屋(外観だけ)) »

群馬県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長野・群馬の旅(その3:草津温泉湯畑) | トップページ | 長野・群馬の旅(その5:金具屋(外観だけ)) »