フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 長野・群馬の旅(その1:導入) | トップページ | 長野・群馬の旅(その3:草津温泉湯畑) »

2008年11月 6日 (木)

長野・群馬の旅(その2:法師温泉長寿館)

平成20年9月13日。

早朝。法師温泉に着いた。途中、すっかり元気になったまきに運転を任し、ぐーすか寝た。寝ぼけながら、車がやけに揺れると思ったら、着いてみてびっくり、山奥ですやん!

Img_1308

清流だ。

法師温泉には一軒しか宿がない。長寿館という宿である。今回、ここに立寄り湯をするわけである。そして、いつもの通り、日本秘湯を守る会

Img_1311

早すぎた_| ̄|○

まだ入湯できない。

仕方ないので、しばし車で寝る。

途中、心無い宿客に、

「大阪から来てるよー。」

とか、でかい声で言われ、起きてしまった。

私は福岡ですが・・・(´-д-`)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

時間である。

Img_1312

レトロな造りである。

Img_1313

Img_1314

では、入る。

Img_1315

Img_1319

中もなかなか雰囲気がある。

Img_1316

Img_1317

カモシカ~ヽ(´▽`)/

Img_1318

さあ、風呂に入る。

かなり雰囲気のよい浴場である。

JINが写真を撮った。ものの見事に見えてはいけないところが隠れている素晴らしい写真であるが、ちょっと公表は差し控える。

かわりに長寿館のHPで確認するべし。

法師温泉長寿館

JINとまきと三人で湯船にて友情を育む。

しかし、社長が来ない。洗面で髭を剃っているのだ。洗面がガラス戸越しに見える。

髭を剃るのに、社長がゆらゆら揺れている。まるで踊っているようだ。

結局、相当してからやっと来た。時間的に厳しいのにもかかわらず・・・

さて、法師温泉の泉質であるが、カルシウム、ナトリウム硫酸塩泉だそうだ。

混浴である。まきは相当びびっていたが、私やJINのような温泉マニアにはどうってことないのである。というか、つい一月ほど前に混浴に入っている。

酢ヶ湯温泉

温泉から出てくると、ちょうど団体さんが来た。早く来てよかった。。。

Img_1320

入り口前にラムネが売ってあったので、飲む。無人で代金は置いておくという、性善説に基づく素晴らしいシステムだ。

法師温泉を堪能し、移動を開始した。ここからは、山道専門の私の運転である。

« 長野・群馬の旅(その1:導入) | トップページ | 長野・群馬の旅(その3:草津温泉湯畑) »

群馬県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長野・群馬の旅(その1:導入) | トップページ | 長野・群馬の旅(その3:草津温泉湯畑) »