フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 長野・群馬の旅(その10:扉温泉明神館) | トップページ | Go To USA!(その1:南蔵院) »

2008年11月21日 (金)

長野・群馬の旅(その11:国宝松本城)

明神館を出発した。まずは昼食である。

長野と言えば、馬刺しである。

P1040837

三河屋という馬肉屋に来た。

P1040838

へい、お待ち。

P1040840

美味い!抜群である。

以前、東京で馬を食ったときは、大層高い買い物であったが、今回は、生産地の強みか?幾分リーズナブルだった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

松本城にやってきた。

Img_1453

国宝四城と俗に言われる。この松本城の他に、世界遺産姫路城、彦根城、犬山城がある。しかし、二条城は、城じゃないのか?

私はあえて、国宝五城と言いたい。( ̄ー ̄)ニヤリ

Img_1454

平成5年に国宝松本城400年祭りが開催され、そのマスコットキャラクター夢丸である。

ひこにゃんの方がインパクトありますな。

Img_1455

松本城の前身は、深志城である。小笠原の居城であるが、武田に乗っ取られた。その後、小笠原貞慶が旧領を回復し、松本城と改名したそうな。。。

Img_1456

Img_1457

Img_1458

内部は薄暗く、なかなか雰囲気がある。大阪城や名古屋城の鉄筋コンクリート(エレベータ付き)とは雲泥の差だ。

Img_1459

Img_1460

Img_1461

Img_1463

この天井は、桔木構造というらしい。天井を支えるため、力学的に工夫しているようだ。

Img_1465

Img_1466

城の内部とは、ほぼ100パーセント、ミニ博物館になっている。いつものように、鎧やら甲やら刀やら火縄銃を見る。

Img_1467

おう!狭い。

Img_1468

最上階に上るのに、大渋滞だ。

Img_1469

この階段は非常に急である。

Img_1470

頭上の梁に注意する。

Img_1471

天守閣最上階である。

Img_1473_2

天井には、守護神の二十六夜神が祭られている。そういや姫路城には、最上階に刑部大神が祭られている。

降りる。

Img_1475

怖っ階段の幅が狭く、急勾配かつ頭上の針の魔の三重奏である。

Img_1476

天守四階である。有事の際は、城主の座所になると考えられている。

Img_1477

天守三階である。大変暗く、倉庫に使われていたようだ。

Img_1478

花頭窓(かとうまど)という。禅宗のお寺によく使われる窓である。

Img_1479

このスペースは、月見櫓である。こういうところで月見(月見団子食べ放題付き)をしながら、一句捻りたいものだ。

Img_1480

ちなみに月見櫓から外を眺めると、こんな感じ・・・

Img_1481

月見櫓の外観はこんな感じ・・・

Img_1484

松本城といよいよお別れだ。

ジャイアントさらば!

Img_1487

門をでた。

Img_1489 

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

松本を出発する。

途中でたい焼きを食い、高速に乗った。

JINの計算では、新神戸最終の新幹線に間に合うらしい。。。新神戸からは、私とじゅんちゃんが新幹線に乗り、JINとまきはお見送りとなるわけだ。じゅんちゃんとまきは、相変わらずな話を後部座席で繰り広げている。

滋賀に入る頃、じゅんちゃんがあせりだす。間に合うのか?

私は、翌日も休みを取っていたので、最悪、次の日自由席で帰ればいいわと気楽なものである。

なんとか間に合う算段が整うと、じゅんちゃんワールドが炸裂しだした。とても書き残せるような話ではない。まあ、踊りは当然・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

JINの予測どおり、少し余裕を持っての新神戸着であった。

JINとまきとホームで別れ、ふじゅんの会の旅はこれにて終了。来年はどうなることやら・・・

« 長野・群馬の旅(その10:扉温泉明神館) | トップページ | Go To USA!(その1:南蔵院) »

長野県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。