フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 長野・群馬の旅(その2:法師温泉長寿館) | トップページ | 長野・群馬の旅(その4:白根山湯釜) »

2008年11月 9日 (日)

長野・群馬の旅(その3:草津温泉湯畑)

有名な草津温泉にやってきた。ここでの目的は、湯畑と立寄り湯である。

湯畑とは、草津温泉の源泉であり、ここで湯の花を採取しているのだ。

湯畑の廻りはロータリーになっている。ロータリーを抜けて、立寄り湯に行こうとしたが、出方がよく分からず、二周してしまった。

立寄り湯の駐車場にひとまず車を停める。少し歩いて、湯畑まで戻ってきた。

Img_1321

なかなか人が多い。そして、半袖・短パンの馬鹿は、小学校低学年男子以外には、私だけだった。さすが、群馬の山奥である。涼しい。

Img_1322

凄い湯量だ。緑色の水垢のようなものは苔の一種らしい。こんな高温でも生きることができるのだ。

Img_1323

美しい水色だ。

Img_1324

Img_1325

反対側までやってきた。

Img_1326

お湯が湧いている。

Img_1327

この木枠で湯の花を採取しているようだ。

Img_1328

湯畑の傍らに、足湯・手湯の施設が設置されている。手湯とは、あまり聞かない。

Img_1329

温泉噴水?

Img_1330

草津温泉のセブンイレブンは外観が渋い。

Img_1334

温泉といえば、当然温泉饅頭である。揃って、甘いもの好きなふじゅんの会一向は全員食した。美味かった。

Img_1336

湯畑観光を終え、立寄り湯に赴く。

大滝の湯という大型の温泉施設である。風情は全くないが、なかなか温泉はしっかりしていた。結構硫黄臭くなる。

ところで、草津温泉といえば、林羅山の三名泉である。ちなみに、残りは有馬と下呂らしい。という温泉の三大は数が多すぎて何でもあり状態である。三大温泉とか、枕草子版三名泉とか、三古湯とか・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ

また、江戸時代に作成された温泉番付は東の大関(当時の最高位)が草津で、西が有馬である。

草津温泉を後にした。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

おまけ。

P1040668

草津温泉湯畑前で半袖・短パン及び青森蔦温泉のタオルを肩にかけ微笑む自称蔦温泉応援大使の私。

« 長野・群馬の旅(その2:法師温泉長寿館) | トップページ | 長野・群馬の旅(その4:白根山湯釜) »

群馬県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長野・群馬の旅(その2:法師温泉長寿館) | トップページ | 長野・群馬の旅(その4:白根山湯釜) »