フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 台湾熱闘編(その4:天厨菜館) | トップページ | 台湾熱闘編(その6:龍山寺) »

2008年10月23日 (木)

台湾熱闘編(その5:中正紀念堂)

中山駅から淡水線で、中正紀念堂駅まででる。

駅を出ると、すぐに紀念堂である。

Img_1624

駅からして、雰囲気が異なる。

Img_1602

正面から行くつもり、横手に回ってしまった。この建物は、国家戯劇院である。

Img_1604

1階には本屋が入っている。前回、台湾に来たときは、この誠品書店の敦南店に行った。とてもでかい本屋で、日本のコミックの題名を見て、突っ込み捲くった。

「美味しんぼ」が「美味的大挑戦」というのには、笑い転げたものだ。昨晩も美味的大挑戦は見つけた。ちなみにこの支店にはコミックがなかった。というか、台湾の普通の本屋さんでコミックを見かけなかった。私のような読書の半分は漫画という人には、大変な所なのである。

まー、それはさておき、紀念堂である。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

Img_1605

本来は、この門を通って、入るのである。

Img_1607

で、これが中正紀念堂である。中華民国初代総統の蒋介石を偲び、建てられたものである。中正は、蒋介石の本名で、介石は字らしい。劉備で言えば、備は本名で、玄徳が字みたいなもんである。詳しいことは、最寄の三国志オタに聞こう!

ちなみに2007年に行政院により、「台湾民主紀念館」と改名されたが、立法院に否決され、再び元の中正紀念堂に戻っている。まあ、中正紀念堂のほうがいいと思うよ。。。

Img_1610

別にどってことない建物だが、コレを見ると、台湾に

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

という感じがする。

Img_1613

もうすぐ建物に入る(*´д`*)ハァハァ

Img_1621

蒋介石が鎮座されておられる。

Img_1614

あれ!?前来た時にいた衛兵がいない。なんで?

前回は、ぴくりとも動かない衛兵に感動したものだ。ちなみにバッキンガム宮殿の衛兵は、結構動いていた。

Img_1615

ずん!

Img_1616

ずん!

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

Img_1620

紀念堂前でうっちょとツーショットの写真を近くにいた大声でしゃべる日本人に撮ってもらった。アングルが悪かった。

やはり現地人に撮ってもらうべきだったか・・・ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

Img_1623

新手のカルト教団か?

Img_1625

移動。さ~、つぎ♪さ~、つぎ♪

« 台湾熱闘編(その4:天厨菜館) | トップページ | 台湾熱闘編(その6:龍山寺) »

台湾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾熱闘編(その4:天厨菜館) | トップページ | 台湾熱闘編(その6:龍山寺) »