フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 北部九州家族旅行(その6:九重”夢”大吊橋) | トップページ | 台湾熱闘編(その1:導入) »

2008年10月16日 (木)

北部九州家族旅行(その7:長者原)

家族旅行の最後に、私が久住・阿蘇地域で最も好きな場所である、長者原にやってきた。

一年に一回は来ているような気がする。

ここから見る景色はかなりよい。初めて訪れたのは、いつだったか?ぎーさん、くっぺちゃん、JINの4人で九州遠征をしたときだ。この九州遠征は、私にとって、旅の原点である。特に第一回九州遠征は、私の適当な思いつきで国道2号線だけで小倉まで行こうとなり、それを企画したのが、JINである。その続きで二回目は国道9号線の旅になった。とにかくこの旅行がなかったら、このブログも当然存在しないのである。

そういう思い出深い土地に両親を連れてきたくなったのだ。

さて、長者原であるが、福岡にも同じ地名がある。それはどうでもいい。

長者原は、やまなみハイウェイをドライブすると、必ず行く定番のスポットである。

タデ原湿原という湿原が広がり、その向こうには、久住の山々が見える。

Img_1561

Img_1568

両親を連れて、しばし散策する。

Img_1563

ご覧のような草原である。湿原内には、尾瀬のような木道が設置されている。

Img_1566

ふと見ると、マムシに注意!と看板があった。

こんなところに爺がバランスを崩し、前のめりに倒れたら、マムシの毒の餌食に・・・

ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

おとんにそんなマムシがおるか!と突っ込まれた。

Img_1567

煙を吐いている山は、久住山系の一つ硫黄山である。このダイナミックスさが、阿蘇くじゅう国立公園の醍醐味である。

もうそろそろ頃合になったので、帰路に着く。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

博多駅まで車で行き、両親を新幹線に乗せた。

おしまい。

« 北部九州家族旅行(その6:九重”夢”大吊橋) | トップページ | 台湾熱闘編(その1:導入) »

大分県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北部九州家族旅行(その6:九重”夢”大吊橋) | トップページ | 台湾熱闘編(その1:導入) »