フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 北部九州家族旅行(その4:阿蘇神社) | トップページ | 北部九州家族旅行(その6:九重”夢”大吊橋) »

2008年10月14日 (火)

北部九州家族旅行(その5:天ヶ瀬温泉~日田豆田町)

ホテルに着いた。本日の宿泊は、浮羽別館新紫陽である。

駐車場に車を止める。ごりっ・・・・_| ̄|○

いきなりクライマックスだぜ~、へっへっへ~

何はともあれ、チェックイン。部屋はこぶりながらもくつろげる。

おとんが、新聞のテレビ欄を見て、民放が全て揃っていると驚いた。

大分の皆様、ごめんなさい・・・m(_ _)m

窓から外を眺めていると、じじいが川に仕掛けをしていた。うなぎでも取るようだ。川の流れがきつく、流されないかな~と期待心配した。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

さっそく露天風呂に行く。おとんと風呂に行くなんて、いつぶりかな~?(゚▽゚*)

糞長い階段と廊下を下り、やっと着いた先は、随分小さな露天であった。

温めのお湯で、なかなかいい塩梅である。おとんと語り合った。

結構ゆっくり入ると、かなりほくほくの体になった。

部屋に帰ると、おかんが入れ替わりでお風呂に行く。

おかんもあがってくると、早速飯になった。

別室に通されるとうちの貸切状態で、なんとも居心地が悪かった。

Img_1540

料理の味であるが、なかなか美味かった。うちのおとんが及第点を点けたので、間違いないだろう。うちのおとんは、本人は否定するが、かなり味に五月蠅い。おとんの合格を勝ち取ろうというのは、結構大変である。基本的に赤福とか、アイスクリームとか甘いものが好きである。

食前酒はブルーベリー梅酒で、JINのお奨めである。私にとっては、ノーマル梅酒のほうがよかったが・・・。

しかし、ここの予約を取るとき、JINに相談した理由がなんとなくわかった。要するに、飯がなかなか美味いということだったのね。ちなみにふじゅんの会のしゃっちょーさんも推薦していた。

飯を食い、部屋でくつろぐ。私とおかんは大浴場で一っ風呂浴びたが、おとんはグーグー寝た。

平成20年9月28日。

風呂に入り、朝食を取り、ゆっくりして、宿を出た。

特に行き先は決めていなかったが、日田の豆田町に行くことにした。

豆田町は、最近観光でもてはやされている、古い町並みの残る地域である。

Img_1541

昔、ぎーさん、くっぺちゃん、JINと来たことがある。

そのときは、私は犬のうんこを踏み、小川で靴を洗った。

駐車場の親父が、

何しよるか!?

と、来たが、

うんこ踏んじゃいました!c(>ω<)ゞ

とはにかむと、呆れていた。

Img_1542

お土産屋に柚子胡椒が売っていたので、おかんに薦めた。

おかんは存在自体は知っていたが、おとんはしらんかったようだ。

九州ではかなりポピュラーな調味料である。

唐辛子と柚子ペーストに塩で加工したもので、胡椒とは大分の方言で辛子のことである。

ちなみに宗像付近のおっさんたちも一味唐辛子のことを胡椒と呼んでいる。

うどんとかに入れると美味い。福岡では、ウェストにも置いている。

Img_1543

ところで、この豆田町であるが、特に何があるというわけではない。何故か雛人形に力が入っていることくらいだ。

以前の訪問のときは、お雛さんを見物したが、今回はしなかった。

Img_1544

お昼になったので、鰻を食った。ひつまぶしならぬ日田まぶしを食った。

温かった。不味かった。

失意のまま、豆田町を後にした。

« 北部九州家族旅行(その4:阿蘇神社) | トップページ | 北部九州家族旅行(その6:九重”夢”大吊橋) »

大分県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。