フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 台湾熱闘編(その5:中正紀念堂) | トップページ | 台湾熱闘編(その7:孔子廟) »

2008年10月27日 (月)

台湾熱闘編(その6:龍山寺)

中正紀念堂駅から地下鉄に乗り、板南線の龍山寺駅に着いた。

地上に上がると、すぐに龍山寺である。

Img_1626

龍山寺は1738年創建の台北最古のお寺である。このお寺の前の道は横断歩道がない。普通に通り抜ける。うっちょは、私がたびたび見せる決死の車道横断に驚いていた。ボルネオやデリーに横断歩道などというものはないので、勝手に鍛えられた。

Img_1627

かなり派手である。度重なる地震や火災で再建や修理を重ねている。第二次世界大戦時には、空襲で本堂以外の大部分は焼け落ちたらしい。

Img_1628

横手には涼しげに滝がある。

Img_1629

いよいよスニーキング・ミッションを開始する。用意するものは、ダンボール・・・

Img_1630

誰だ

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

何だ、気のせいか・・・

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

うっちょ、大丈夫か?

肯定だ。問題ない。

Img_1631

うおっ!?凄い熱気だ。

Img_1632

こちらで、やたら煙たい線香やお供え物を買うようだ。

Img_1633

豪華にお供え物が盛り付けられている。

盛るぜぇ~、超盛るぜぇ~( ̄▽ ̄)

Img_1634

唖然とするうっちょを尻目にどんどん前に行く。しかし、皆怪しげなお経を読んでいる。

いーしーしゅえしゃん、うぉーすーしーすーしゃんまお、・・・

なんかこんな感じ。。。

Img_1635

Img_1637

Img_1638

怪しげな金ぴか仏像を物色する。ここの本尊は、観世音菩薩らしいが、他にも文殊菩薩や普賢菩薩だけでなく、媽祖、関帝、誕生娘娘などが祀られているのだ。

Img_1639

なんか、私を拝んでるみたいだ。うっちょは入り口近くでぽかんとしている。

もうちょっと奥に進む。

Img_1640

インド人もびっくり!

Img_1641

Img_1642

Img_1643

この髭は、関雲長殿ではござらんか?

周りの電光がいかす。

Img_1644

Img_1645

Img_1646

Img_1648

Img_1649

すっかりお寺の熱気にやられ、寺好きの私にとっては、悦の状態である。すっかり満腹になり、お寺を出た。

Img_1655 

三門を見ていると、現地のやたら日本語が堪能なおじんが来た。

おじん:日本の方ですか?

私:ええ、そうですが。。。

おじん:どちらから来られましたか?

私:福岡です。

おじん:おぉー、九州のね。ところで、スパイ・ゾルゲを知っておりますか?

私:一応知っていますが。。。

(ここで、知っていると答えたため、おじんが上機嫌になり、マニアックな話をする。)

私:いや、そこまで詳しくは知りません。

おじんは少し寂しそうになった。

なんかゾルゲ事件の関係者のおとんの直筆サインがこの龍山寺にあるらしいということを教えてくれた。

う~ん、マニアックだ。。。

それにしても連日の風俗を紹介したがる狒々親父やお茶好き婆のために人間不信に陥り、素っ気無い態度をとってしまった。ただの親切物好き爺さんだったのに・・・。

今夜も猛省しなければ・・・

その頃、うっちょはお寺を撮る振りをして、必死に台湾美人をキャメラにおさめていた。

龍山寺の手前は広場になっており、何か催し物をやっている。

Img_1657

Img_1656

奥の白い服の親父が何かしている。

みんな、オラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ!

Img_1658

なんかぐるぐる回っている。

狂信者の塔?

Img_1659

龍山寺の近くにあるかき氷屋を目指す。

Img_1661

着いた。前回の台湾旅行でも食った氷屋である。

注文の仕方が分からず、途方に暮れていると、店の人に何か言われた。

日本語メニューないか?と聞くと、店の人がハッとし、メニューを持ってきた。

何故か苦笑いである。

ひょっとして現地の人と思われていた?

やっと氷にありつく。

Img_1660

ここは好きなトッピングができる。適当にサツマイモとかトッピングした。美味かった。

氷も堪能し、移動することにした。

« 台湾熱闘編(その5:中正紀念堂) | トップページ | 台湾熱闘編(その7:孔子廟) »

台湾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾熱闘編(その5:中正紀念堂) | トップページ | 台湾熱闘編(その7:孔子廟) »