フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 台湾熱闘編(その7:孔子廟) | トップページ | 台湾熱闘編(その9:士林夜市) »

2008年10月31日 (金)

台湾熱闘編(その8:大龍峒保安宮)

孔子廟を出ると、すぐ近くの大龍峒保安宮にやってきた。

保安宮は道路を挟んで両側にあり、南側で何やらやっている。

Img_1680

Img_1681

さっきから騒がしかったのは、これである。よく分からないが、京劇であろうか?

Img_1682

Img_1683

しばし、見とれる。こんなときインドならば、すぐに手を出して、見物料を要求するインド人がいるだろう。。。

Img_1685

気を取り直して、保安宮に入る。

1805年創建の医学の神様である保生大帝の廟である。

Img_1688

保生大帝の本名は、呉諱本といい、10世紀に福建省に実在した名医らしい。私のような者には、名医と言えば、華佗しか思い浮かばない。

Img_1689

Img_1691

それにしても気味の悪い人形(神像)が祀られている。

Img_1692

Img_1693

Img_1694

Img_1695

Img_1696

Img_1697

Img_1699

朝青龍?

Img_1700

Img_1701

こ、これは・・・!往年のギャグ。。。∑(=゚ω゚=;)

○ェーーーー!!!!!

_ノフ○ グッタリ

Img_1702

Img_1703

うっちょをほっぽって、ここまで、怒涛のように見て回る。保安宮を走り回る私。。。

Img_1705

うっちょともう出るかと相談していると、参拝客がなにやら怪しげな儀式をしている。

うっちょが言うには、占いという。。。

で、調べたら、ずばりでした!

ポエという片方が平で片方が三日月形の一対の木を使う。願いながら、ポエと額まで上げて、前へ押し出すようぽえっと投げる。両方とも平らな方だったり、両方ともふくらんだ方だったりしたら、願いは叶わない。片方ずつ違う面を出せば、願いが叶うらしい。これをシンポエという。両方ともふくらんだ方なら神様が笑って答えない、両方とも平らな方なら怒って答えないという意味らしい。

うっちょさん、大正解である。まっさんは、ボッシュート_| ̄|○

Img_1706

さて、そろそろ頃合である。いざ士林夜市へ!

Img_1708

« 台湾熱闘編(その7:孔子廟) | トップページ | 台湾熱闘編(その9:士林夜市) »

台湾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾熱闘編(その7:孔子廟) | トップページ | 台湾熱闘編(その9:士林夜市) »