フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 東北旅行記番外編(赤坂~東京国立博物館) | トップページ | 北部九州家族旅行(その2:草千里ヶ浜) »

2008年10月 6日 (月)

北部九州家族旅行(その1:太宰府天満宮)

平成20年9月26日。

おとんとおかんが福岡にやってきた。私が福岡で働き出してから、初めて・・・、というか、両親とも福岡は初めてらしい。ということで、招待した。

博多駅まで迎えに行く。お盆休み以来の再会だ。

もう、お昼だったので、駅でラーメンを食べる。とくにうまいというわけではないが、一応博多ラーメンである。九州では当たり前な、替え玉システムにおとんは、感心していた。とんこつ以外で、替え玉って聞かへんなあ・・・。

ラーメンを食べ終わり、車に乗り込む。

まずは、福岡唯一?の全国的観光地である太宰府天満宮に行く。

着いた。

Img_1495

参道には、宮島の紅葉饅頭屋ほどではないが、梅が枝餅屋が並ぶ。

むかし、菅原道真が大宰府に飛ばされたとき、途方に暮れる道真に老婆がこの梅が枝餅を献上したということで、名物となっている。ところで、福岡県民、特に福岡のへんの人は妙に梅が枝餅にこだわりを持っている。私などはどこで食べようが同じ味にしか思えないが、通に言わせると違うらしい。う~ん、わからん( ´・ω・`)

ところで、博多の人に東京土産としてひよこ饅頭を買って帰ると、烈火のごとく怒るので、試してみよう!私は怖くて、できない。。。

おとん&おかんに梅が枝餅食うかと提案すると、お参りしてからと怒られた。ごもっともである。

Img_1496

今日は、修学旅行生でも来ているようだ。

Img_1497

太宰府天満宮といえば、あまりにも有名であり、当ブログでも紹介の機会を逸してきた。これまで、何回も訪れているのだが・・・。

菅原道真が大宰府に左遷され、非業の死を遂げたのだが、この天満宮は、遺骸を京に送ろうとしたが、牛車がそれ以上動かなくなったといういわくつきの土地に建てられたものである。

その後、京では道真の怨霊の仕業とされる怪異が連続して起こり、怨霊を鎮めるために北野天満宮が建てられた。

この辺は、オカルトファンには、よく知られた話である。

Img_1498

太鼓橋を渡る。途中には、摂社・末社がある。

Img_1499

親父様曰く、汚い池だ。

Img_1500

志賀社である。志賀海神社と同じご祭神である。

Img_1501

楼門が見えた。

お清めをし、楼門をくぐる。

Img_1502

本殿である。今までに何回も消失しており現在のものは、小早川隆景により桃山時代に建てられたものである。

親父曰く、天神さんはド派手だと・・・。宇佐八幡のほうが派手だったような・・・。

Img_1504

Img_1505

金箔が貼られ、なかなか豪華である。

Img_1506

飛梅である。

飛梅は、道真邸の庭にあったもので、道真を慕うあまり、京からはるばる飛んできたのである。

おとんに解説すると、

「確かに古い梅や。こんなミイラみたいになった梅は見たことがないなあ。ほんまに、平安時代からあるんちゃうか・・・。」

と感心して、しばらく離れない。

ここまで、飛梅を真剣に見る人は初めてだ。

やっとこ、離れたので、帰ることにした。

Img_1507

絵馬堂である。九州に現存する最大最古のもので、1813年に建立されたらしい。

このとき、猿回しをやっていた。。。

参道で梅が枝餅を食べて帰った。

« 東北旅行記番外編(赤坂~東京国立博物館) | トップページ | 北部九州家族旅行(その2:草千里ヶ浜) »

福岡県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。