フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 柳川浪漫紀行(その1:北原白秋生家) | トップページ | 東北旅行記(その1:悲劇は繰り返す?) »

2008年9月11日 (木)

柳川浪漫紀行(その2:御花・松濤園)

鰻を食う。

若松屋という柳川の観光ガイドでよくでている店に入った。

宮崎産らしい。柳川産というのはないのかな?

食す。

Img_1189

うまいっ!( ̄ー+ ̄)

食後、御花に行くことにした。

御花とは柳川藩主立花氏の別邸である。

Img_1201

ご覧のように、洋館である。

Img_1191

鴨居に甲が飾ってある。

Img_1192

なんかセバスチャンがでてきそう・・・

Img_1193

Img_1194

座敷はなかなか見事である。壷なんかは、いい仕事してますなぁ~と言いたくなる。

Img_1197

座敷の奥は日本庭園がある。

Img_1196

この庭は日本三景の一つ松島を模したもので、松濤園という。

現在の御花の建物と松濤園の大部分は明治に新築されたものだそうだ。

二階に上がることができたので、行ってみた。

Img_1198

ほう。こうなっとりましたか・・・。

なかなかダイナミックですな。

御花を見学したあとは、アイスを食って帰った。

おしまい。

« 柳川浪漫紀行(その1:北原白秋生家) | トップページ | 東北旅行記(その1:悲劇は繰り返す?) »

福岡県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。