フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 東北旅行記(その2:大更へ行こう!) | トップページ | 東北旅行記(その4:八甲田ホテル、酸ヶ湯温泉) »

2008年9月23日 (火)

東北旅行記(その3:蔦温泉)

大更はあいにくの雨である。

P1040545

駅から出ると、車が止まっており、嬉しそうな連中がいた。皆に笑顔で出迎えられると、照れるものだ。なぜならば、ハニカミ王子とは私のことだからだ。

P1040546

車は山形で借りたレンタカーのようだ。車に乗り込み、出発する。ドライバーがくっぺちゃんなのが気がかりだ。
・・・
 酔った。(;´Д`A ```
・・・
ええい、こうなったら自分で運転してやる!ということで、ドライバー交代。次鋒、レオパルドン行きます!

・・・・・・・・・・・・・・
ノーズフェンシングを食らったかのような豪雨だ。福井大水害を思い出す。
あまりの豪雨に、ストーンサークルもキリストの墓も道路標識を見ながら、断念した。晴れてたら、会長命令よ!とハンドルを切っていただろう。

数々の私的悲劇を乗り越え、山越え、谷越えすると、視界が開けた。十和田湖である。

Img_1218

懐かしい。高校の修学旅行以来だ。この旅行、さんぽ会で来てよかった。皆が共有する思い出がここに復活した。そういえば、きよしはあのとき、顔がずり剥けやってねぇ・・・。道はやがて、奥入瀬渓流へ。あいにく濁流だ。13年前は、清流だったのに。

Img_1220

そうして、車は、あの伝説の蔦温泉で停まった。

P1040560

Img_1221

13年の年月は、蔦温泉を「日本秘湯を守る会」の軍門に下らせるには、十分だった。また、守る会かい!毎回、私の前に現れおって!

13年前にJINが冷やしトマトを食ったあたりを見る。当時の私はトマトが苦手だった。それを尻目に、「まっちゃん、トマト食えんの?こわっぱが、こわっぱが、こわっぱが、・・・」とエコーをかけながら、小馬鹿にされた私は、いたくプライドを傷つけられ、とらのあなでの血のにじむような特訓の末、見事トマト魔神にリベンジすることができたのだ。

前回食べた食堂で昼食をとる。

Img_1222

私はほうとうを食べた。まあまあ、いけた。ぎーさんときよしはケン・シャムロック定食を食べた。関節が上手そうだった。
昼食後は、懐かしい温泉へ行く。

P1040551

Img_1224

P1040553

あいかわらず粋なつくりである。

P1040555

木を中心にした浴槽がいかす。ここの温泉は、浴槽の下から温泉がこぽこぽと湧いているのだ。十分堪能したので、上がると。体操で銀メダルがでた。

Img_1225

どしゃぶりの中、車をとりに行かされた。しばらくは山道なので、私の運転ということか・・・。

« 東北旅行記(その2:大更へ行こう!) | トップページ | 東北旅行記(その4:八甲田ホテル、酸ヶ湯温泉) »

青森県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東北旅行記(その2:大更へ行こう!) | トップページ | 東北旅行記(その4:八甲田ホテル、酸ヶ湯温泉) »