フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 東北旅行記(その4:八甲田ホテル、酸ヶ湯温泉) | トップページ | 東北旅行記(その6:厳美渓) »

2008年9月25日 (木)

東北旅行記(その5:中尊寺)

平成20年8月15日。三日目開幕である。

早朝、いつもどおり、早起きの末、風呂に行く。ちょっと頭が立ち上がるのに時間がかかる。湯船に入ってれば、目が覚めるだろう。風呂に入り、体を洗う。ちょっと起動してきた。湯船に浸かると、おっさんが話しかけてきた。
おっさん:昨日は、どこにいかれました?
私:ええ、土砂降りでほとんどいってないどすえ。ホテルに着いて早々、酸ヶ湯温泉に行ったくらいです。
おっさん:私も昨日行きました。数多くの温泉に行きましたが、酸ヶ湯が一番です。
私:ほお・・・。結構温泉に行かれてるのですか?
おっさん:まあ、東北がほとんどですけど・・・。毎年、八甲田ホテルに泊まっているんですよ。帰り際に来年の予約をするんです。
私:昨日は雨の中、酸ヶ湯以外にどこか行かれましたか?
おっさん:恐山に行きましたよ。
私:おぉ!恐山は非常に興味がある。どうでしたか?
おっさん;イタコがいると思ったんですが・・・。5月くらいのお祭りのときだけらしいですよ。
こんなふうな世間話を交わし、風呂を出た。それにしても、恐山情報はなかなか・・・。
帰り際にくっぺちゃんに会った。

朝からたっぷり飯を食い、八甲田ホテルを出発する。

Img_1238

山ということで、しばらく私が運転である。

地獄沼に惹かれ、急停車。

Img_1240

白く濁った温泉の沼でエキサイティングであった。

Img_1241

再出発した。

やがて、車を岩手県に入った。

中尊寺にやってきた。

Img_1242

入り口でお地蔵さんが出迎えてくれる。

Img_1243

結構道のりがある。

Img_1244

中尊寺の山号は関山(かんざん)である。天台宗のお寺であるが、そんなことより、奥州藤原氏縁の寺として名高い。中でも金色堂は、藤原清衡が贅の限りを尽くしたもので、教科書でお馴染みの金ぴかのお堂である。

Img_1246

鳥居があった。奥に進むと、弁慶堂がある。

Img_1247

地蔵堂である。

Img_1248

薬師堂である。

Img_1249

観音堂である。

Img_1250

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

Img_1252

ここから中尊寺本坊である。今までのは塔頭だったらしい。

Img_1254

本堂である。明治の建物らしい。

Img_1255

本尊は阿弥陀如来である。

Img_1257

奥に進む。

Img_1258

不動堂のようだ。

Img_1259

確か薬師堂である。

Img_1260_2

鐘楼である。

Img_1261_2

讃衡蔵である。ここでは、数々の文化財が展示されている。かなり微妙な小物に国宝が多かった。仏像もここに安置されている。今までお堂を拝んできたのは何だったのか!?

Img_1262

いよいよ金色堂である。

Img_1263

金色堂は、この覆堂の中に保管されている。

入る。金ぴかの金色堂にうっとりした。くっぺちゃんの顔が金色に輝いていた。

Img_1264

金色堂をでると、松尾芭蕉の句碑があった。

五月雨の降り残してや金色堂

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

Img_1265_2

経蔵である。

Img_1266

旧覆堂である。1962年まで500年もの間、金色堂を守ってきた。建築年代は、室町時代中期らしい。

Img_1267

・・・・・・・・・・・・

Img_1269

芭蕉像が不気味にたたずむ。

Img_1271

釈迦堂である。

Img_1272

白山神社能舞台である。

Img_1273

1853年に伊達藩により再築されたものである。

Img_1274

こちらが中尊寺の鎮守である白山神社である。茅の輪くぐりがあった。

ちなみにここまで、誰もついてこなかったので、一人で境内を闊歩した。結構寂しいよなぁ・・・(´・ω・`)ショボーン

Img_1275

最後のお堂は、弁才天堂である。

ところで、中尊寺も修学旅行以来である。どうにも金色堂以外に記憶がなかったのだが、行ってみて納得した。要するに、金色堂以外に見るところがないのだ。

中尊寺を降りてきた。

こんなもの発見。

Img_1276

武蔵坊弁慶の墓。

Img_1277

このちっこい石がそうみたいですな。。。

さあ、次に行ってみよう!

« 東北旅行記(その4:八甲田ホテル、酸ヶ湯温泉) | トップページ | 東北旅行記(その6:厳美渓) »

青森県」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東北旅行記(その4:八甲田ホテル、酸ヶ湯温泉) | トップページ | 東北旅行記(その6:厳美渓) »