フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 京都迷宮入りⅤ(その1:二条城) | トップページ | 京都迷宮入りⅤ(その3:龍源院) »

2008年8月 3日 (日)

京都迷宮入りⅤ(その2:大徳寺)

大徳寺にやってきた。あいにく天候がよろしくない。ぽつぽつ降ってきた。しかし、そんなことは真剣勝負に関係ないわぁ~

Img_1995

勅使門である。

Img_1996

で、こっちが三門である。かなり立派である。千利休が豊臣秀吉に切腹を命じられた理由となった三門である。

大徳寺は、山号を龍宝山といい、臨済宗大徳寺派大本山の寺院である。一休宗純を輩出した名刹である。また、茶の湯にも大きく関係しており、村田珠光や千利休等と関係が深い。

Img_1997

仏殿である。

Img_1998

法堂である。

終わり。。。。

大徳寺の敷地は膨大である。しかし、伽藍がこんなけしかない。他は何かというと塔頭である。実に21個もの塔頭が乱立しているのだ。

ということで、塔頭をいくつか回ることにした。

« 京都迷宮入りⅤ(その1:二条城) | トップページ | 京都迷宮入りⅤ(その3:龍源院) »

京都府」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。