フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 京都迷宮入りⅤ(その9:相国寺) | トップページ | 神戸市北区歴史探訪 »

2008年8月19日 (火)

京都迷宮入りⅤ(その10:京都御苑、晴明神社)

相国寺を見学し終え、しばらく歩くと、京都御苑の入り口が見えたので、立ち寄った。

Img_2090

京都御苑は、京都御所の周りの公園のことである。京都御所は、期間中のみの公開だが、京都御苑は市民の憩いの場となっているのだ。

Img_2093

建礼門である。京都御所の正門である。この先に紫宸殿があるらしい。

Img_2096

和む。。。

Img_2098

蛤御門である。京都御苑の西門の一つである。本来の正式名は新在家御門だったが、大火で御所が炎上したとき、開かずの門が開いたということでついた俗称が、以来正式名となったそうだ。蛤が熱でぱっくり開いたんですな。。。

ちなみに歴史の教科書でお馴染みの蛤御門の変(禁門の変)の舞台である。今でも当時の弾痕が確認できる。

蛤御門から西にしばらく歩き、一条戻橋に来た。一条戻橋といえば、そう!

Img_2099

安倍晴明である!ということで、晴明神社にやってきた。

Img_2100

晴明といえば、一級の陰陽師であり、オカルト界のアイドル的存在である。

ライバルは蘆屋道満(あしやどうまん)で、道満といえば、あやかしの城でラスボスだった。私はなかなか倒せなく、飽きて、やめた。まあ、どうでもいい話である。

さて、晴明神社であるが、これといって、おもろいことはなかった。

おしまい。。。

« 京都迷宮入りⅤ(その9:相国寺) | トップページ | 神戸市北区歴史探訪 »

京都府」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。