フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 播磨の旅(その1:姫路城) | トップページ | 播磨の旅(その3:生石神社(石の宝殿)) »

2008年7月 9日 (水)

播磨の旅(その2:書寫山圓教寺)

姫路城から車で書寫山の麓にあるロープウェー乗り場にやってきた。

圓教寺は関西では紅葉の名所として知られ、山号である書寫山と言ったほうが名が通っている。高野山や比叡山のようなものだ。

ロープウェーで圓教寺に向けて、いざ出じ~ん♪

冬で殺風景とはいえ、なかなか見ごたえのある風景であった。

ロープウェーを降りると、結構ハードな上り坂である。不健康なじじばばにはちゃんとシャトルバスが用意されている。もちろん健康な御仁は、私とともに山道を登る。ま、私のスピードについてこれる者はいなかったが・・・。

Img_1833

しばらくすると、仁王門が見えてきた。ここからいよいよ境内である。

またまた延々と山道を歩く。さすがにハードである。

さて、圓教寺であるが、天台宗の別格本山であり、かなり寺格を持つ。「西の比叡山」という称号も持っているのだ。

Img_1834

圓教寺名物の摩尼殿が見えた。舞台作りの独特なフォームは見ごたえである。ちょっと清水寺を思い出した。

この春のコーディネートは摩尼殿がマストであるぞ

Img_1836

Img_1837

摩尼殿の内部である。なかなか面白い建物で、これだけでも悦に浸ったのだが・・・

またまた山道を歩く。

ところで、圓教寺が映画「ラスト・サムライ」のロケ地として有名である。

ゲリラ侍の勝元の本拠地である。

Img_1840

Img_1841

大講堂である。圓教寺の本堂である。

Img_1842

こちらは常行堂である。常行三昧(ひたすら阿弥陀如来の名を唱えながら、本尊の周りを徘徊するという素晴らしい修行)をするところである。

Img_1843

食堂(じきどう)に入ってみた。

Img_1844

食堂の二階から常行堂を眺める。

Img_1845

食堂の内部はちょっとした展示室になっている。本来は僧侶の寝食の場である。

Img_1846

今度は食堂から大講堂を眺める。

大講堂、食堂、常行堂は北から順に逆コの字に並んでいる。よって、「三之堂(みつのどう)」という。

かなりユニークなつくりだ。

これらの三之堂はラスト・サムライででくる。特に常行堂は、渡辺謙が教を読んでいたあそこである。

また、山道を歩く。

・・・・・・・

Img_1847

Img_1848

開山堂である。開山の性空上人を祀っている。ここもラスト・サムライに出てくるらしい。

Img_1849

Img_1850

Img_1857

Img_1856

Img_1853

軒下の四隅に左甚五郎作と伝えられる力士像がある。西北隅の力士は、あまりの重みに逃げ出したとか・・・。

ここの管理をしているおじさんが、なかなか愛想の良いおじさんで、いろいろ話した。

「こんな時期にお寺廻りするなんて、感心やね。」

「ま、好きですからね。もうすぐ福岡に引っ越すんで、いまのうちに近場の名所を巡ってるんですわ。」

「結構いろんなところ回っとるん?神戸の人やったら須磨寺とか行った?」

「まだ行ってないんですよ(当時まだ行ってなかった。)。京都とか結構回ってますね。」

・・・心の中で人生最高の寺は、香港の萬佛寺ですとは言わなかった。ま、タイに行けば、絶対最高になる寺が存在するのだが、行けるかどうか分からない。。。行けたらいいねぇ・・・。ワットパーラックローイ

見知らぬ人との会話を極端に嫌う私が、おじさんの微笑みに負けて、結構世間話をしてしまった。おじさん、ありがとうな。。。おもろかったわ

Img_1866

噂には聞いていたが、予想以上の名刹にびっくりした。兵庫県民として、ここに来なかったら、もぐりである。

さ、次行こう!

« 播磨の旅(その1:姫路城) | トップページ | 播磨の旅(その3:生石神社(石の宝殿)) »

兵庫県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 播磨の旅(その1:姫路城) | トップページ | 播磨の旅(その3:生石神社(石の宝殿)) »