フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 博多を歩こう!Ⅱ(舞鶴城花見) | トップページ | 但馬旅情編(その2:城崎温泉) »

2008年7月21日 (月)

但馬旅情編(その1:余部鉄橋)

平成19年3月20日。

余部鉄橋の架け替え工事がまもなく始まるこの時期に、余部鉄橋の最後の勇姿を拝みにいこうというJINの提案に乗り、但馬へと旅立った。今回の旅のお供は、JINとぎーさんである。ぎーさんとは、乗る電車を決め、JINとは、福知山で待ち合わせをした。福知山でのほほんとぎーさんといると、JINがやってきた。東京からの帰りらしい。相変わらず、行動が意味不明かつ大規模である。

電車に呑気に揺られ、餘部にやってきた。それにしても神戸から出発して、何故他府県をとおり、恐ろしい時間を費やさなくてはいけないのか・・・。

Img_1897

餘部は駅名のみで、地名は、余部である。なんでもJRで余部が別にあるらしく、区別しているらしい。

余部鉄橋は兵庫県香美町余部にある。JR山陰本線の鎧駅から余部駅の間にある鉄橋で、その独特のフォルムと鮮やかな朱色から鉄道ファンの心を掴んで離さない。

そして、ここにも心を鷲掴みにされた御仁が一人。。。

1ガンレフを必死に構えるJIN。。。

立派な鉄道マニアですなぁ。本人は否定しておりますが・・・。

Img_1895

余部鉄橋である。なかなか絶景である。

余部鉄橋が間もなく、橋梁の架け替え工事が始まり、コンクリート橋となるそうだ。その工事には、いろいろと反対意見も多い。この件について、どうこういうつもりはないが、折角の文化遺産である。もったいないと思うのは、私だけだろうか?

Img_1898

かつて餘部駅がなかったため、地元住民は大変苦労されたそうだ。昭和34年に餘部駅が建設されたときの苦労を記念した壁画であるようだ。

下に降りることにした。

Img_1900

Img_1905

下から見ると、余部鉄橋の巨大さがよくわかる。海に向かって歩いた。

Img_1909

まだ山に雪が残っている。さすが、但馬である。

Img_1911

Img_1913

余部鉄橋といえば、昭和61年の車両転落事故が記憶に新しい。余部鉄橋始まって以来、初めての転落事故であった。横風を受けたお花見列車が転落し、真下にあった水産加工工場を直撃した悲しい事故であった。犠牲になった方々には、慎んでお悔やみ申し上げたい。

という風に、JINとぎーさんは申しおりました。

私には、その記憶がまったくなかったのだ。アホの時代なので、記憶力が散漫だったのだろうか?ぎーさんたちから事故の話を聞いて、衝撃を受けた。

Img_1922

ぎーさんから、賞賛を受けた写真である。

普通ない構図やろ?という話である。私的には、普通に撮っただけなんですけどね。

まあ、普通はもっと車両を美しく撮ろうということでしょうか?

余部鉄橋の最後の勇姿を目に焼きつけ、宿泊先の城之崎へ向かった。

« 博多を歩こう!Ⅱ(舞鶴城花見) | トップページ | 但馬旅情編(その2:城崎温泉) »

兵庫県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。