フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« ハウステンボス地獄 | トップページ | 但馬旅情編(その1:余部鉄橋) »

2008年7月19日 (土)

博多を歩こう!Ⅱ(舞鶴城花見)

平成20年4月6日。世間では花見、花見と騒いでいる。ということで、桜でも見ようと、舞鶴城までやってきた。

Img_0986

舞鶴城は、本当は福岡城という。黒田藩の居城で、現在は、スポーツ施設などが充実しており、公園になっている。何故舞鶴城と呼ばれるかは知らない。

Img_0987

Img_0988

桜は満開のようだ。それにしてもほんのりビアのにおひがする

Img_0989

Img_0990

Img_0991

祈念櫓とある。鬼門封じのための櫓らしい。

Img_0992

桜の通り抜けである。足元のブルーシートさえなければ、さぞ雅であったろう。。。

そうなれば、一句捻っていたところだが、残念だ。

Img_0993

Img_0994

奥はグランドのようですな。

Img_0995

井戸がある。

Img_0996

いよいよ天守閣がかつてあった場所が赴く。

Img_0997

Img_0998

Img_0999

なかなかよい眺めだ。

Img_1000

天守閣跡である。寂しい・・・

Img_1001

一番てっぺんからの眺めは格別である。

Img_1002

福岡ドームと福岡タワーが見える。福岡タワーは公募したにもかかわらず、福岡タワーというそのままのネーミングをされた悲劇の塔である。ドームの隣のビルは、JRAリゾートシーホーク福岡である。

Img_1003

こちらは大濠公園である。大濠公園といえば、福岡では高級住宅地に入る。目指せ、大濠生活!テント買ってこよかな・・・?

Img_1004

Img_1005

さ、おりますかね。

Img_1006

・・・・・・

Img_1007

ここが本丸跡である。ただの更地になっている。寂しい・・・

Img_1008

この工事現場は、鴻臚館跡の発掘現場である。かつて平和台球場があったところでなのである。平和台球場といえば、西鉄ライオンズの本拠地であり、ダイエーホークスが福岡に乗り込んでしばらくの間も使用していた球場である。そう伝説のださださユニホームのころである。ヘルメットの鷹の目は、今でも語り草になっている。

鴻臚館は昔の大宰府に訪れる外交使節をもてなした迎賓館である。

向かいに展示館があるので、入った。

Img_1009

Img_1010

Img_1011

Img_1012

Img_1013

もっと明るいところでみたら立派な陶磁器であろう。

Img_1014

Img_1015

Img_1016

さ、歴史の勉強もしたし、花も観賞し、美意識も高めたし、満足である。帰ろう。。。

« ハウステンボス地獄 | トップページ | 但馬旅情編(その1:余部鉄橋) »

福岡県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハウステンボス地獄 | トップページ | 但馬旅情編(その1:余部鉄橋) »