フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« ボルネオ探検記(その6:カンポンアイール) | トップページ | ボルネオ探検記(その8:オールド・モスク夜) »

2008年6月 5日 (木)

ボルネオ探検記(その7:ニュー・モスク)

スコールが治まったので、移動を開始した。

次の目的地は、ニュー・モスクである。

ニュー・モスクは、現スルタンが建立したモスクで、正式名称は、ジャミヤシル・ハサニル・ボルキア・モスクである。長い・・・

ヤヤサン付近から、結構離れたところにあるので、バスで移動する。

着いた。

Img_0615

画像ではよくわからないが、とてつもなくでかい!

近づくと、全体像が全くファインダーに収まらない。

Img_0613

そして、装飾もただならない雰囲気である。

よくわからないが、とてつもなくゴージャスな作りなのでは?

Img_0608

ぶらぶらと周りを散歩するだけでも、結構時間がかかる。

Img_0606

Img_0605

時間も中途半端だったのか、中に入れないのでよくわからないながらも、礼拝者は少ないようだ。なんとなく閑散としている。オールド・モスクと違って、郊外にあるからだろうか・・・?

本当に廻りを回るだけで、再び中心地に向かって、バスに乗った。

« ボルネオ探検記(その6:カンポンアイール) | トップページ | ボルネオ探検記(その8:オールド・モスク夜) »

ボルネオ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。