フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 京都迷宮入りⅣ(その2:神護寺) | トップページ | 京都迷宮入りⅣ(その4:妙心寺) »

2008年6月17日 (火)

京都迷宮入りⅣ(その3:仁和寺)

神護寺から仁和寺にやってきた。

看板に吉田兼好法師縁の寺と大々的に宣伝していたのをみて、ぎーさんが一言。

「徒然草で仁和寺の坊主はくそくそに書かれとるやん!」

・・・・・・・

Img_1765

早速、仁王門のお出迎えである。京都三大門の一つらしい。残りの二つは、南禅寺の三門と知恩院の三門だとか・・・。

Img_1766

仁王門をくぐる。かなり境内は広い。境内には御室桜という低木の桜が群生している。お花見のシーズンになると、仁和寺はかなりすさまじいことになるのだ。京都で生活すると、観光シーズンの春と秋は本当にうざい・・・。余談だが、大学院時代は、葵祭りに泣かされたものだ・・・。

Img_1770

金堂である。国宝である。桃山時代の御所の紫宸殿を移築したものらしい。現存するし神殿の遺構では最古のものだとか・・・。

Img_1768

本尊は阿弥陀三尊である。

ところで、仁和寺といえば、真言宗御室派総本山なのに阿弥陀仏が本尊とはちょっと不思議である。大日如来ではないのね?

Img_1771

御影堂である。こちらは江戸時代に御所の清涼殿の材を使い建築したものである。

Img_1773

観音堂である。

Img_1775

五重塔である。

続いて、御殿を見学することにした。

Img_1776

中に入る。

Img_1780

Img_1781

Img_1782

Img_1784

Img_1788

Img_1790

Img_1791

御殿を中心に、白書院とか庭があるのだが、画像を見れば、特にコメントはいらんでしょう。

さすが、仁和寺ということだ・・・。

« 京都迷宮入りⅣ(その2:神護寺) | トップページ | 京都迷宮入りⅣ(その4:妙心寺) »

京都府」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。