フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 筑前海岸物語Ⅰ(糸島珍道中) | トップページ | 奈良世界遺産巡り(その1:法隆寺、法起寺) »

2008年5月 8日 (木)

大阪城決戦!?

平成20年3月3日。

昨日は、3年連続篠山マラソンに出走し、見事完走した。

また、2年連続で、某古着屋の伝説を目の当たりにし、度肝を抜かれた。出走直前で食うか・・・、普通

昨日の興奮冷めぬまま、大阪城にやってきた。大阪城は恥ずかしながら、行ったことがなかった。遠くから見るばかりであったのだ。大学時代に大阪城公園前で半裸で騒いでいた紀州男子がいたが、そんなことはどうでもいい・・・。話を進める。

大阪城公園で降りたが、なかなか城が見えてこない。マラソン明けには非常につらいのだ。

私の足の筋肉は、

見よ!この筋肉!カッチカチやぞ!カッチカチやぞ!ゾックゾクするやろ!?

状態だからである。

やっとお堀に着いた。

Img_0957

門が見えた。

Img_0958

門をくぐる。

Img_0959

天守閣はまだまだである。乳酸地獄である。

Img_0961

ちょうど梅が咲いていた。

Img_0962

Img_0963

美しいねー!なんだが、心が落ち着くのである。きもてぃーーーー!!!←G.G.佐藤?

梅とは違うが、何故か昔JINと行った造幣局の桜の通り抜けを思い出す。

あれは、拍子抜けであった。要するに、いろんな品種を植えていて、展覧会みたいだったからである。この梅もいろいろ種類あるなぁ。。。

Img_0964

Img_0965

なにやら石山御坊縁の遺構らしい。もしもタイムマシンがあったなら、見てみたい城は、安土城と石山御坊である。

Img_0967

豊国神社があった。

Img_0968

太閤はんじゃありませんか!

Img_0969

京都の豊国神社に比べると、しょぼいのである。

Img_0970

ちなみに裏には、微妙な石庭があった。

Img_0971

桜門である。いよいよ天守が近づいてきた。

Img_0972

巨大岩石発見!こんなのが、ペルーあたりのジャングルにあったら、謎の古代文明とか言われるのかねぇ?

ちょっとよじ登りたかったが、足も痛かったのでやめた。

何故上るのかって?そこに石垣があるからさ!

Img_0973

旧第四師団司令部庁舎である。こんなところに軍部を置いていたのだ。現在は、大阪歴史博物館になっている。

Img_0974

やっとこさ、天守閣までやってきた。

では入る。

Img_0975

金明水井戸というらしい。なかなか古いものだそうだ。

覗いてみた。

Img_0976

汚ねぇ!

パンフレットを落とすなよ。。。てっきり、中に入ると、怪しげなコンピュータや五重のリングがあると思ったのに・・・。

Img_0978

ロード・シルバー・カートリッジ!ってー!!!

さ、入ろ。

Img_0977

Img_0979

おぉ!バッド・カンパニー?

一挙に最上階まで・・・

Img_0980

いい見晴らしだ!

Img_0981

こう見れば、大阪もなかなかの大都会ですな。

Img_0982

さっき散策した梅林が見える。

下に降りる途中は博物館になっている。

有名な金の茶室も見学した。思ったよりしょぼい?

鎧の着用なんかできる。女性二人組みが着込んでいた。外国人男性が鼻息荒くして、写真を撮っていた。

外に出た。

Img_0983

なかなか絶景である。

Img_0984

天守閣前には、残念石なるものがあった。

江戸時代の大阪城修復の際、小豆島で砕石されたが、用材として叶わず、ほったらかしにされていたらしい。昭和56年に大阪と小豆島の青年会議所が運び込んだらしい。

ま、どうでもいい話である。

なんだか疲れたから帰ることにした。

« 筑前海岸物語Ⅰ(糸島珍道中) | トップページ | 奈良世界遺産巡り(その1:法隆寺、法起寺) »

大阪府」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。