フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 長野闘痔の旅(その2) | トップページ | ボルネオ探検記(その1:序章) »

2008年5月19日 (月)

長野闘痔の旅(その3)

平成18年11月5日。三日目開幕である。

本日は、夕方に帰神予定ということで、それまでマル氏とノンベンダラリンとドライブすることにした。

マルの提案で蓼科へ。まずは蓼科湖に来た。

蓼科湖は人造湖であり、しょぼかった。特に景色もよくなかったので、ここでは取り扱わない。そもそもしょぼすぎて写真など撮っていない。

で、白樺湖にやってきた。

Img_0714

こちらは大変きれいな景色である。かつて湿原だったようで、こちらは天然の湖である。

Img_0712 

所々紅葉している。それにしても真っ赤で美しい。

白樺湖の散策を終え、そのまま霧ヶ峰にドライブすることにした。

Img_0715

大自然!これぞ、信州ですな。

Img_0717

クールですねぇ

Img_0721

最後に八島ヶ原湿原にやってきた。

ここはマル氏推奨スポットである。なんでも外国の研究者が来たときに、連れてきたらたいそう喜んだそうな。

Img_0718

木道が整備されており、ミニ尾瀬といった雰囲気だ。

もうすぐ、信州は雪に閉ざされる。で、住みたいとは思わないが、たまに行くならいいところである。なんでもマル氏曰く、マイナス10度になるとか・・・

そうこうしているうちに、時間になった。

諏訪から再び高速バスに乗り、帰路に着く。終着駅は大阪。

窓越しに手を振るマル氏が見えた。私は涙で何も見えなかった。というのは嘘よん。

おしまい。

« 長野闘痔の旅(その2) | トップページ | ボルネオ探検記(その1:序章) »

長野県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。