フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 京都迷宮入りⅢ(その10:東福寺) | トップページ | 京都迷宮入りⅢ(その12:石峰寺) »

2008年4月15日 (火)

京都迷宮入りⅢ(その11:伏見稲荷大社)

東福寺駅から電車に乗り、稲荷駅で下車した。

目的地は伏見稲荷大社である。すぐに伏見稲荷に着いた。

Img_1707

ここ伏見稲荷は稲荷社の総本社である。楼門は、天正17年に豊臣秀吉により建てられてそうだ。楼門の前には狛犬の代わりに狛狐がいる。

早速テンションがあがり、ダッシュする私・・・。

Img_1708

本殿である。ここにも狛狐がいる。参拝を終え、いよいよあれを通ることにした。

Img_1710

そう千本鳥居である。テンション上がりまくりである。

私は伏見稲荷に来たのが、初めてである。前から行きたいと思っていたところである。

ある意味ワンダーランドである。鳥居立てすぎやろ!

Img_1711

途中で分岐があった。どちらにいこうか迷う。

無限回廊になっているかも・・・

そういうときは、下→下→下→上→上→上と行くか(3つ目の下はしゃがみ抜け)、6番目の鳥居を壊すと脱出できるかもしれない。

Img_1714

あいにく無限回廊にはなっていなかった。

Img_1715

鳥居を抜けると、奥社奉拝所と「おもかる石」があった。

願い事をし、石灯籠の頭(置いてあるだけなのだ。)を持ち上げる。思ったより軽かったら、願い事が叶うらしい。

やってみた。

「結婚!」

石を上げる。チェスト~!

軽っ!

これで私の恋愛運はうなぎ上りである。←ご利益ないな・・・

この奥にもエリアが広がっており、奥社となっているようだが、時間に追われていたので、退却した。いずれリベンジしなければ・・・。

« 京都迷宮入りⅢ(その10:東福寺) | トップページ | 京都迷宮入りⅢ(その12:石峰寺) »

京都府」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。