フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 英国旅行記(その18:セント・ポール大聖堂) | トップページ | 佐世保食い倒れ! »

2008年3月13日 (木)

英国旅行記(その19:ロンドン塔~帰国)

セント・ポール大聖堂前からバスに乗った。

London_878

目的地は、昨日入れなかったロンドン塔である。

JINは、先ほど買ったPaulのパンを頬張っている。

・・・・・・・・・・・・

着いた。

London_886

ロンドン塔(Tower of London)は、1078年にウィリアム1世の命令により、施工され、20年で完成した。その後、リチャード1世からヘンリー3世にかけて、濠を作っている。

国王が居住する宮殿として使われただけでなく、身分の高い政治犯を幽閉したり、処刑したりする場でもあった。

エリザベス1世でさえ、即位前にメアリー1世によって、幽閉されているのだ。

London_887

完全に要塞である。実際、中世の戦争では、ここは鉄壁であったろう。

London_888

塔内には、こんな親父がいっぱいいる。ガイドツアーとかを行っているようである。JINは、うれしそうに親父と一緒に写真を撮った。少し羨ましかった・・・。

London_891

塔内の建物の一つに入ると、英国王室の秘宝が展示されていた。豪華絢爛である。ダイヤモンドがつきまくった王冠とか、金製品の数々や宝石類など・・・。

そういったものにあまり興味のない私でも、あまりの凄さに呆然とする。

王冠類を展示しているブースは、真ん中に宝物があって、その周りを動く歩道でぐるぐる回る。私などは2周した。

London_892

霞の向こうにアルゼンチン・バックブリーカータワーブリッジが見える。

London_894

この小汚い塀がロンドン塔内に残るローマ時代の遺跡である。ワードローブタワーという。

London_896

あるタワーに入ると、拷問部屋だった。

London_897

London_917

うーむ、もっと凄いのを想像していたのだが・・・。

鉄の処女でもあれば、テンション上がっていただろう。

London_902

他のタワーに入ると、幽閉部屋であった。今までに幽閉された人々が紹介されている。

London_903

2階が幽閉に使われたようだ。

London_905

London_919

London_904

London_918

London_920

壁には幽閉者が彫った落書きならぬ落彫りが残っていた。

まだまだ、見ていないところが数多く残っていたが、帰国のタイムリミットが近づいてきたので、涙を呑んで、帰路に着いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヒースロー空港にやってきた。

いよいよ帰国である。

思えば、時差ぼけで苦労した旅であった。しかも、やっと本調子になったら帰国になってしまった。それにしても、少ない日程でよくもいろいろと行ったものだ。

今回行った世界遺産は、

  • ウェストミンスター寺院、ウェストミンスター宮殿
  • カンタベリー大聖堂
  • ストーンヘンジ
  • バース市街
  • マリタイム・グリニッジ
  • ロンドン塔

である。

どきどきの搭乗手続きや出国審査を受ける。

出国審査は、やる気なさそうにパスポート見るだけである。判子も押さない。

なんとか、別室に連れて行かれることもなく、通過。

空港にて軽食を取る。ここで、フライドポテトを食べた。

JINにも少しあげると、

「ここのポテトが一番美味い・・・。」

うーん、なんだかなあ・・・。

かわりにJINにPaulのミルフィーユをもらった。美味かった。

飛行機に乗り込む。今度は12時間のフライトだ。

なんだか、行きに比べて、随分楽だ。ごそごそババアもいない。

で、映画を見る。「エリザベス~ゴールデン・エイジ」を見る私。行きに見ろよ!

爆睡したら、あっという間に着いた。

今度はJINとどこに行こうか・・・。今回はJINに頼りきりだったので、今度は私も活躍しないと・・・。ってことは、ホームの東南アジアか?

P.S.

今ブログを書きながら、イングランドで購入した紅茶でロイヤルミルクティーを作り、インドで購入したマサラを入れて、飲んでいる。マサラティーというやつだ。インド的に思いっきり甘めに作った。実に美味い!

« 英国旅行記(その18:セント・ポール大聖堂) | トップページ | 佐世保食い倒れ! »

イングランド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 英国旅行記(その18:セント・ポール大聖堂) | トップページ | 佐世保食い倒れ! »