フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 京都迷宮入りⅠ(その4:青蓮院、平安神宮) | トップページ | 武雄、吉野ヶ里探検記(その2:吉野ヶ里歴史公園) »

2008年3月24日 (月)

武雄、吉野ヶ里探検記(その1:武雄温泉)

平成19年4月30日。

今年のゴールデンウィークは、4月28日から30日の三連休の後、5月3日から6日の四連休と、微妙にむかつく飛び石連休となった。

その初めの三連休の最後に、うっちょを誘って、武雄温泉に行くことにした。

武雄温泉は、佐賀県武雄市にある温泉である。古くから知られた温泉で、1300年前に書かれた「肥前風土記」にも記されているのだとか・・・。神宮皇后が入浴したという噂も・・・。

朝鮮出兵時には、多くの兵士が訪れたが、他の入浴客の迷惑とならないよう「入湯心得」を豊臣秀吉が示している。宮本武蔵やシーボルト、伊達政宗、伊能忠敬なども入浴したらしい。

Img_2125

温泉の入り口には朱塗りの楼門が立つ。大正4年に建てられたもので、国の重要文化財である。

Img_2126

源泉前で微笑む私。

さて、温泉に入ることにスル。

武雄温泉新館の元湯に入る。300円となかなかリーズナブルな値段だ。

中は、天井が高く、梁がむき出しで、なかなか雰囲気のある風呂である。泉質は弱アルカリ性単純泉とのことである。

ふと見ると、壁には豊臣秀吉の入湯心得があった。内容は忘れたが、まあ、マナーを守ろうということが書いてあったような・・・。

お湯は熱めとやや温めがあった。熱いほうは、かなりののぼせそうだったので、温いほうで基本的にくつろいだ。

うっちょと男について語り合った。結構長く語り合ったので、うっちょの体脂肪率は3%削減に成功した。

かなりほっこりして、出たが、時間的にはまだまだ余裕があった。ということで吉野ヶ里歴史公園に行くことにした。

« 京都迷宮入りⅠ(その4:青蓮院、平安神宮) | トップページ | 武雄、吉野ヶ里探検記(その2:吉野ヶ里歴史公園) »

佐賀県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都迷宮入りⅠ(その4:青蓮院、平安神宮) | トップページ | 武雄、吉野ヶ里探検記(その2:吉野ヶ里歴史公園) »