フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 武雄、吉野ヶ里探検記(その1:武雄温泉) | トップページ | 京都迷宮入りⅡ(その1:銀閣寺) »

2008年3月27日 (木)

武雄、吉野ヶ里探検記(その2:吉野ヶ里歴史公園)

吉野ヶ里歴史公園にやってきた。

途中で、公園の下をトンネルで通過したのには、驚いた。遺跡の下を走るのかよっ!?

吉野ヶ里歴史公園は、ご存知のとおり、弥生時代の遺跡である吉野ヶ里遺跡を保存しているだけでなく、当時の建物を復元している大テーマパークなのである。

弥生時代は、現在、紀元前3世紀から紀元3世紀の600年間続いたと考えられている。ここで、現在とわざわざ前置きした理由は、今後変わるかもしれないからである。古代の定説は、かなりの頻度で変わるから・・・。

ここ、吉野ヶ里遺跡は、日本最大の弥生時代の遺跡で、弥生時代の全ての時期の遺構・遺物が見つかっている。

1986年からの発掘で発見されたのだが、子供の頃の記憶に痛烈に残っている遺跡で、私にとっては、憧れの地であった。

では、入る。

Img_2127

南内郭にやってきた。

手前に展望台?があり、それに上ると、遺跡が一望できる。うむ、いい眺めだ。

そのとき、うっちょが不思議そうな顔をした。

う「・・・?あれ、Sさんじゃないですか?」

Sさんとは、私たちの同期社員で別部署にいるのだが、ほとんど会うことはない。

私「そんなわけないやん!そんな都合よく・・・。!?」

Sさんであった。しかも彼女を連れている。

うっちょがS氏を呼び止めると、向こうも驚いた。

楽しいデートを破壊するのも忍びないので、少ししゃべると、解放した。

では気を取り直して、見学である。

物見櫓に上った。

Img_2129

物見櫓を上るときは言いものの、降りるときは微妙に怖い。

物見櫓を降りると、とある建物に入った。

Img_2130

ここ南内郭は、吉野ヶ里の最盛期に支配層が暮らしていたようだ。周りも杭で囲まれ、防備は万全である。

Img_2131

王の住まいらしい。

Img_2132

左の貧相なおっさんが王らしい。右のおばはんが王妃か?

別の建物に入った。

Img_2133

ここにも不気味なデク人形が・・・。

別の建物には・・・。

Img_2134

うむ、まったく時代設定がむちゃくちゃである。しかも、使用禁止?

煮炊屋では、土器でお茶を入れてくれた。

Img_2136

別のところに移動すると、高床式倉庫が現れた。

ちゃんと鼠返しがついている。うっちょがやけに嬉しそうである。鼠返しごときで・・・。

といいつつ、私も興奮していたのだが・・・。

北内閣にやってきた。

Img_2137

このでっかい建物は主祭殿である。クニ全体の重要な会議を行ったり、神事に使われたようだ。入ってみた。

Img_2139

のっぺらぼうの大群である。

三階に上がると・・・。

Img_2141

取り込み中であった。

降りる。

Img_2138

斎堂という。祀りの道具を保管したりする建物らしい。

北内閣を移動し、甕棺墓列にやってきた。

甕棺が行列しているの、壮絶な光景だ。

Img_2142

Img_2143

ちょっと形が・・・。卑猥である。

Img_2144

北墳丘墓である。吉野ヶ里の歴代の王が埋葬されていると考えられている。

手前の道は、墓道である。墓参りに環濠の外からやってくる人のための道である。

環濠とは、ムラの周りに彫られた濠で、迷路のように張り巡らされているのである。

ここで、またS氏を見つけた。

何故か、彼女と並んで、同じ角度から同じ建物を撮っている。

不思議な光景だ。

なにはともあれ、二人の世界を構築しているので、離れて見守った。

Img_2145

倉と市と呼ばれるエリアにやってきた。要するに繁華街である。神戸で言えば三宮、福岡で言えば天神なのである。

Img_2146

市の中心的な建物である。

こうして、公園内の散策を終えた。

うっちょと二人、弥生時代の歴史について深く勉強した。

そして、かなり不思議な男女関係についても勉強できた。

温泉といい、充実した一日であった。

« 武雄、吉野ヶ里探検記(その1:武雄温泉) | トップページ | 京都迷宮入りⅡ(その1:銀閣寺) »

佐賀県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。