フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 絶景!阿蘇名水巡り(その1:月廻り公園) | トップページ | 絶景!阿蘇名水巡り(その3:白川水源) »

2008年2月 1日 (金)

絶景!阿蘇名水巡り(その2:高森湧水トンネル公園)

月廻り温泉でくつろいだ後、

高森湧水トンネル公園なるスポットに来た。

ここは南阿蘇鉄道高森線を高千穂鉄道高千穂線につなごうとして、

掘っていたトンネルが異常出水により断念したところを、

無理矢理公園にしたものだ。

Img_0389

ちなみに手前にそこいらの石を鉄棒で串刺しにした奇妙なオブジェがあった。

きっとブラド・ツェペシか百舌鳥を意識しているのだろう。

Img_0391

阿蘇通のうっちょによると、トンネルの中央を湧水が流れているらしい。

クリスマスシーズンだと、中をライトアップしていてきれいらしい。

早速に中に入ろう!

Img_0392

・・・・。

門番を通過すると、高森の地理が立体的に学習できる。

Img_0393

さあ、奥に進む。

Img_0394

うん!トンネルですな。

通路のどまん中を湧水が流れているが、

柵とかがないので、油断をすると落ちそうである。

・・・・。

Img_0397

ん?もう1月13日ですが・・・?

おまけにジングルベルが流れている。

ツリーには、高森小など作成団体名が書いてある。

しかし、ツリーが宙吊りになっている姿はどうも・・・。

ラピュタのエンディングのようだ。

しばらく歩く。

Img_0402

なんだ?今度は趣が違う。

Img_0403

七夕ですやん!

今は1月13日である。

何故かうっちょは鼻高々だった。

長い距離を歩くと、やっと最奥部に着いた。

Img_0406

ウォーターパールである。

落下する水に特殊な光を当てると、

眼の錯覚で、まるで真珠の玉のようになるのだ。

きれいといっちゃきれいだが、ここでする意味があるのか?

一番奥には水神様が祀られている。

Img_0410

?祀られているのか?

しかし、石碑には水神と書いている。

そんな疑問はさておき、ここでは、湧き水が飲める。

Img_0413

味はよくわからんが、まろやかだ。

落水の恐怖におののきながら、

くそ長い距離を、力の抜けるイルミネーションを見せつけられて歩いてきたので、どっと疲れた。

小休止である。

一息ついたところで、

また、このノンクール(ある意味サムイのでクールか?)な

道のりを帰っていった。

« 絶景!阿蘇名水巡り(その1:月廻り公園) | トップページ | 絶景!阿蘇名水巡り(その3:白川水源) »

熊本県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 絶景!阿蘇名水巡り(その1:月廻り公園) | トップページ | 絶景!阿蘇名水巡り(その3:白川水源) »