フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 絶景!阿蘇名水巡り(その3:白川水源) | トップページ | 絶景!阿蘇名水巡り(その5:阿蘇神社) »

2008年2月 2日 (土)

絶景!阿蘇名水巡り(その4:草千里ヶ浜)

白川水源から草千里までドライブである。

途中で見晴らしのよい所で、車を止めた。

Img_0432

ん?なんかいる?

Img_0433

牛だな。

車を再び走らせる。

それにしても外はかなり寒い。

途中の工事現場の親父などは、完全に凍えていた。

お気の毒である。

草千里ヶ浜に着いた。

Img_0436

シーズンがよければ、青々した草原に馬や牛が戯れる姿が見れる。

しかし、今は真冬なので、殺風景である。

ここほど阿蘇を代表する風景もないだろう。

Img_0435

煙がもくもくと上がっているところは、中岳火口である。

以前行ったことがあるが、そのときは、ガスで火口がよく見えなかった。

草千里を散策していると、うっちょが、

「馬糞が落ちてますので、注意してください。」

とガイド風に言った。

本当に落ちている。

さすが、阿蘇通のうっちょである。ガイド振りもキメ細やかなのである。

Img_0438

この池は、雨がたまったもので、

要するに、でっかい水溜りである。

近くに雪が積もっている。

雪合戦をする、痛い子3人がそこにはいた。

一通り、雪合戦を追え、体中冷え冷えになり、車に乗り込む。

次の目的地に行く途中、車を止めて、風景を見た。

Img_0444

木々の向こうに、米塚が見える。

米塚もかつて火山活動を行っていたので、

真ん中のへこみは、火口跡なのである。

またまた体中冷え切って、車を走らせた。

« 絶景!阿蘇名水巡り(その3:白川水源) | トップページ | 絶景!阿蘇名水巡り(その5:阿蘇神社) »

熊本県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。