フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 東京・伊豆・鎌倉の旅(その1:深夜地獄編) | トップページ | 東京・伊豆・鎌倉の旅(その3:三島湧水清涼編) »

2008年1月24日 (木)

東京・伊豆・鎌倉の旅(その2:築地異文化交流編)

8月14日早朝


地獄のムーンライトから解放された。


東京での朝食は築地市場に行こうということになった。

初めての築地である。


早朝とはいえ、既にせりは終わっていた。

今度来るときは、是非せりを見学したいものだ。


築地はかなり広く。

何より外国人観光客が多いのに、驚いた。

そこらじゅうを撮りまくるおのぼり外国人のように写真撮影してみた。

Img_2332

しかし、築地は狭い道を

謎の一人用の車が猛スピードで走り抜ける恐ろしい所である。

外国人観光客はその車に轢かれそうになりながら、

必死でシャッターを押していた。

築地で寿司を食べた。

確かにうまい。

初めて、職人さんが目の前で握ってくれるカウンターの店で食った。

微妙に生ぬるかった。

非常に高い朝食であった。

店が狭く、全員入れなかったので、

いれかわり食べることになった。

先に食事を終え、外で待っていると、

きよしが妙な外人を見つけた。

見るからにひんそな外人が、

寿司屋に入りたいが、なかなか入れない姿である。

同じところを何回も往復して、

「どうしようかなあ・・・。入ろうかなあ・・・。」

という感じで悩んでいる。

一度入りかけたが、あいにく満席で追い出されていた。

それでも一人で入ろうとしている。

勇気があるんだが、ないんだか・・・(-_-)。

また、日本人のご婦人があまりの暑さに耐えられず、

Tシャツの襟口からタオルを入れて、

胸の谷間を拭うあられもない姿も目撃したそうだ。

築地を後にし、東京駅に行った。

これから東海道本線で伊豆は三島に行くのである。

電車に乗り込み、発車を待っていると、

台湾人らしき男性が片言の日本語で、

この列車が横浜に行くかどうかを聞いてきた。

誰もが、そりゃ着くやろと思い、着くと答えようとした

まさにそのとき、

「行きません!」

と、きっぱり答えた暴君がいた。

JINである。勘違いしやがって・・・。

結局、みんなにぼろくそに言われ、

台湾人?男性に訂正していた。

電車であまりの眠気に耐えられず、

うとうとしていると、三島に着いた。

« 東京・伊豆・鎌倉の旅(その1:深夜地獄編) | トップページ | 東京・伊豆・鎌倉の旅(その3:三島湧水清涼編) »

東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京・伊豆・鎌倉の旅(その1:深夜地獄編) | トップページ | 東京・伊豆・鎌倉の旅(その3:三島湧水清涼編) »