フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 比叡山探検記(その2:西塔エリア) | トップページ | 須磨大探訪(その1:ノスタルジー?須磨海浜水族園) »

2008年1月21日 (月)

比叡山探検記(その3:横川)

横川に着いた。

横川はよかわと読む。

明らかに人が少ない。


途中、比叡山ドライブウェイから奥比叡ドライブウェイに変わり、

また料金を取られた。

割高感は否めない。


駐車場から横川中堂までは、

東塔と同じように、劇画パネルにより、

日蓮上人などの伝記が勉強できる。

横川は源信、親鸞、日蓮、道元などの

仏教界のスターたちが修行した場所なのである。


竜が池という全く竜のすんでいなさそうな

小さな池を過ぎると、

横川中堂が見えてきた。

Img_2931

こういった舞台作りは、清水寺や円教寺に通ずる。

ただし、現在のお堂は昭和46年建立とかなり新しい。

中に入り、お参りし、ぐるぐる見回っていると、

既にJINはご朱印をもらっていた。

これで延暦寺三堂完全制覇である。

続いて、元三大師堂に行った。

Img_2934

P1020665_2

良源(元三大師)の住居跡と伝えられている。

ここには、角大師の護符があり、魔よけとなるのだ。

昔、疫病がはやったとき、

元三大師は座禅しまくった。

やがて、やせ細り、夜叉のようになった。

この姿が角大師であり、この姿を写しとり、

お札としたところ、病魔退散となったとな。

ところで、元三大師はおみくじの祖でもあるらしい。

今の神社などのおみくじとは異なり、

悩み事を言い、坊さんが祈祷しながら、くじを引くと、

答えが出るというものらしい。

Img_2935

画像の右側は角大師である。

この後、定光院という日蓮ゆかりの寺に行ったが、

山道を延々と歩かされたあげく、

日蓮上人の石像がある以外、たいして面白みのない寺であった。

日蓮上人像なら博多の東公園に馬鹿でかいのがあるのである。

来た道を延々と歩かされて、疲れ果てて帰ってきた。

車に乗り込み、帰路につく。

途中ドライブインでこんなものを見つけた。

Img_2939

暗いが、伝教大師像である。

でかい。

延暦寺全行程を終えると、すぐに日没となった。

京都で観光&甘いものでも食べようと思っていたが、

予想以上に時間がかかり、断念した。

恐るべし、比叡山であった。

余談:比叡山は山号、延暦寺は寺号です。

« 比叡山探検記(その2:西塔エリア) | トップページ | 須磨大探訪(その1:ノスタルジー?須磨海浜水族園) »

滋賀県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 比叡山探検記(その2:西塔エリア) | トップページ | 須磨大探訪(その1:ノスタルジー?須磨海浜水族園) »