フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 前田伝説!広島の旅(その1) | トップページ | 絶景!厳島神社。広島の旅(その3) »

2008年1月12日 (土)

平和の祈り。広島の旅(その2)

平成19年9月2日


前日の興奮冷めやらず、早朝に起きた。


今日は白石先生を巻き込んで、広島観光をする。


まずはホテルからも近い平和公園へ行く。


そういえば、原爆ドームって、しっかり見たことがない。

前は車窓から垣間見たのみだ。


平和公園には平和を象徴するオブジェ群がかなりある。

Img_2539

まずは原爆慰霊碑である。

「安らかに眠って下さい。過ちは繰り返しませんから。」

刻まれた言葉が心に響く。

後ろに原爆ドームが見える。

Img_2541

原爆の子の像である。

原爆投下から10年たち、白血病でなくなった方をきっかけに、

作られた像なのである。

次は、原爆供養塔である。

8月6日になると、この供養塔の前では、

宗教を越えて供養慰霊祭が行われる。

この供養塔の前では、仏教もキリスト教も神道も全て平等なのである。

Img_2542

韓国人原爆犠牲者慰霊碑である。

故郷を離れ、原爆の犠牲となった方々はさぞ無念であったろう・・・。

台座は亀で、碑の上部は龍の彫刻がなされている。

朝鮮半島では、死者は亀の背に乗って、昇天するという伝説があるらしい。

Img_2543

平和の鐘があった。

日本の音風景100選にも選ばれているらしい。

犠牲者の菩提を弔うために、打ち鳴らした。

Img_2545

動員学徒慰霊塔である。

私もついこの間まで、学生だったので、

思わず自分と重ね合わせたてしまう。

Img_2552

原爆ドームである。

川面に映る姿が物悲しくもあり、美しい。

Img_2548

Img_2555

ドーム内部である。原爆投下のすさまじさを今に伝える。

今回、見た平和公園内のオブジェは、

不謹慎な表現かもしれないが、

どれも美しかった。

そして、心の奥になんとも言いようのない悲しみが・・・。

« 前田伝説!広島の旅(その1) | トップページ | 絶景!厳島神社。広島の旅(その3) »

広島県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平和の祈り。広島の旅(その2):

« 前田伝説!広島の旅(その1) | トップページ | 絶景!厳島神社。広島の旅(その3) »