フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 東京・伊豆・鎌倉の旅(その10:円覚寺豪華絢爛編) | トップページ | 絶景!阿蘇名水巡り(その1:月廻り公園) »

2008年1月30日 (水)

東京・伊豆・鎌倉の旅(その11:東京終焉驚愕編)

鎌倉から東京まで戻ってきた。

待ち合わせの地は、浅草雷門前だ。

そういえば、昨年の日光・尾瀬の旅でも浅草から日光へ行ったんだっけ?

何だか縁のある土地だ。


浅草駅を降りると、浅草名物金のう○こを見ながら、

雷門までやってきた。

Img_2460

左右に風神・雷神を配置していることから、

正式には、風雷神門というらしい。

知らなかった・・・。

しかも、あの大提灯は松下電器寄贈らしい。

まだ、他のメンバーは来ていない。

せっかくだから、金龍山浅草寺にお参りすることにする。

参道の仲見世通りは、いつもどおり活気がある。

昔来たときは、ここで舟和の芋ようかんを買った。

私はあの芋芋しいところが大好きなのである。

Img_2471

宝蔵門に到着した。

Img_2462

門の上層は、お宝が所蔵されているらしい。

これも某実業家が建立したらしい。

Img_2464

宝蔵門を抜けると、いよいよ浅草寺の本堂が見えた。

Img_2465

禿げ散らかさないよう、頭をいぶした。

Img_2467

ご本尊は、秘仏なのである。

長い間、誰も見たことがなかったので、

存在しないという噂があったが、

明治時代に確認されているそうな・・・。

Img_2468

天井には龍がいる。

Img_2469

五重塔である。

そうこうしていると、電話があった。

皆だいたい待ち合わせ場所に着いたようだ。

雷門まで戻った。

しばらくすると、全員そろった。

ちなみに、JINとくっぺちゃんは謎の東京観光を、

O氏はマニアックに趣味の万年筆を物色、

きよしは大井で夢を買っていたようだ。

全員そろったところで移動した。

吉原近くの馬肉料理の老舗、中江で、

最後の晩餐を楽しんだ。

P1020198

P1020200

かなりうまかったが、

かなり高かった。

予想以上で痛かった・・・。

同じ値段を出すなら、牛肉が食べたかった・・・。

最後の晩餐を楽しんで、

羽田空港までやってきた。

ここから神戸空港まで一っ飛びである。

昨年の日光・尾瀬の旅では、ぎりぎりになり、

かなり焦ったが、

今回は時間に余裕がある。

悠々と歩いていると・・・。

ん?

何かおかしい・・・。

ここでJINの痛恨のエラーが発覚した。

そもそも飛行機の時間を間違えていたのだ。

おかげ、今年も羽田を走る羽目になった。

しかし、何とか間に合い、

無事帰路に着くことができたのだった。

« 東京・伊豆・鎌倉の旅(その10:円覚寺豪華絢爛編) | トップページ | 絶景!阿蘇名水巡り(その1:月廻り公園) »

東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京・伊豆・鎌倉の旅(その10:円覚寺豪華絢爛編) | トップページ | 絶景!阿蘇名水巡り(その1:月廻り公園) »