フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 東京・伊豆・鎌倉の旅(その6:御宿芸術編) | トップページ | 東京・伊豆・鎌倉の旅(その8:建長寺後悔編) »

2008年1月27日 (日)

東京・伊豆・鎌倉の旅(その7:鶴岡八幡宮猛暑編)

宿をでて、三島駅まで戻ってきた。

ここから新幹線に乗り、自由行動となった。


私とぎーさんは、鎌倉に行った。


鎌倉に到着した。ぎーさんと待ち合わせ場所と時間を打ち合わせ、

別々に行動することにした。

なお、ぎーさんは甘いものを食べるらしい。


私は、まず鶴岡八幡宮に行った。

Img_2412

駅を出ると、すぐに鳥居がある。

ここからは少し歩く。

例のごとく、私は猛スピードで歩き、じじばばを抜いていった。

Img_2413

太鼓橋を渡ると、もう少しである。

Img_2414

Img_2415

舞殿である。ここで静御前が舞を踊ったという伝説があるらしい。

Img_2416

長い階段を上ると、いよいよ本殿である。

しかし、今日も暑い。

リングの上は、40度を越えるだろう。

私は、持参の手ぬぐいを濡らし、首に巻いた。

これで熱射病は避けられるが、どうにも怪しい。

Img_2417

本殿前で女性旅行者に写真をお願いしたが、

私って、周りから見ると、かなり変な人のような・・・。

Img_2419

賽銭箱まで投げてもネットでさえぎられるので、

無事箱にインするのである。

この辺は、西宮神社のえべっさんと同じにおいがする。

Img_2420

この物体はなんだろう?

鶴岡八幡宮はまだまだ見所があるとみたが、

時間がないので、次へと進んだ。

いざ、北鎌倉に向けて歩いた。

« 東京・伊豆・鎌倉の旅(その6:御宿芸術編) | トップページ | 東京・伊豆・鎌倉の旅(その8:建長寺後悔編) »

神奈川県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京・伊豆・鎌倉の旅(その6:御宿芸術編) | トップページ | 東京・伊豆・鎌倉の旅(その8:建長寺後悔編) »