フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 宮島・大願寺。広島の旅(その4) | トップページ | ワンダーランド大聖院!広島の旅(その6) »

2008年1月14日 (月)

宮島水族館。広島の旅(その5)

大願寺を見た後、昼食をとる。

蕎麦を食った、うまくなかった。

昼食後、宮島水族館へ行った。

白石先生は水族館巡りが好きで、

我が福岡県のマリンワールドもすでに行っておられる。

Img_2595

宮島水族館に入る。

しょぼい・・・。

でも、こういうしょぼい水族館は嫌いじゃない。

しかし、メインの大水槽がエイのババだらけで汚かった。

Img_2598

ミズクラゲの水槽があった。赤い光を当てていて、きれいだった。

白石先生曰く、普通青ライトとかで赤ライトというと珍しいらしい。

まあ、所詮はミズクラゲなのだが・・・。

Img_2602

すげー!ボラの大遊泳である。

ここまでボラに力入れなくても・・・。

Img_2603 

北の魚の水槽だが、普通サケ科魚類とオオカミウオは一緒に入れない。

Img_2606

すげー!アメリカンシクリッドとカイヤン(タイとか東南アジア)を一緒に入れてる。

水族館として、まったく異なる地域にいる魚を一緒に展示するのはいかがなものか?

Img_2607

こちらはグラミィ(東南アジア)とアフリカンシクリッドの競演である。

Img_2608

シロワニである。ワニとはサメの別の呼び方なのである。

他にもフカともいったりする。

とにかくこれはシロワニという種類なのである。

いかついが、おとなしいらしい。

Img_2611

アザラシがいたり・・・。

Img_2616

コツメカワウソがいたり、結構普通なのもいた。

Img_2619

屋外に出ると、トドが暑そうであった。

客に水を浴びせて、顰蹙を買っていた。

Img_2620

宮島水族館を出て、次の大聖院へ向かう途中、

「西の松原」という突堤内に「清盛神社」なるものを見つけた。

昭和29年創建とかなり新しい。

Img_2621

いよいよ次回はワンダーランド大聖院へ・・・。

« 宮島・大願寺。広島の旅(その4) | トップページ | ワンダーランド大聖院!広島の旅(その6) »

広島県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮島水族館。広島の旅(その5):

« 宮島・大願寺。広島の旅(その4) | トップページ | ワンダーランド大聖院!広島の旅(その6) »