フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« ミステリアス高野山探検記(その3:奥の院ワンダーロード) | トップページ | ミステリアス高野山探検記(その5:大伽藍及び大門) »

2008年1月18日 (金)

ミステリアス高野山探検記(その4:奥の院)

さあ、いよいよ奥の院に潜入する。

Img_2877

ここより先に橋があり、そこからは撮影禁止なのである。

ちなみに手前には、仏さんに水をぶっかける人たちがたむろしている。

Img_2878

その奥には、水行場がある。

ここで真冬の極寒の中、若い修行僧が水行をするのだ。

Img_2879

さあ、撮影禁止エリアに突入する。

橋を渡ると、弥勒石というものが祠に祭られている。

祠の四面は格子状になっており、内部はよく見える。

一部に片腕が入る穴があり、そこから手を入れ、

弥勒石を片手で持ち上げると、いいことがあるらしい。

もっともいろいろとぐぐって見たら、どうもデマですな。

真相は触れたらいいらしい。

私も挑戦したが、角度的に力が入らない構造になっており、

無理だった。

ちなみにうちの親父様は見事成功した。

衰えたと言えど、やるねー。

撮影禁止区域にもお墓があるのだが、

一番奥は天皇家の墓がある。

その向かいはなんと、池田勇人元首相の墓なのだ。

うちの親父様ははしゃいでいた。

親父にとっては、池田氏はスーパースターなのである。

子供の頃から、所得倍増計画を教え込まれた。

正直、そこまで絶賛するほどの政策なのかはよくわからない。

名刺受けがある。

しまった。名刺もってくりゃよかった。

最後の階段を上ると、灯篭堂がある。

そこに入ると、かなり怪しげな雰囲気である。

内部は数多くの灯篭が揺らめいているのだ。

いかにも修行場という雰囲気である。

このときも坊さんが、経を読んでいた。

灯篭堂の裏に回ると、弘法大師がおられるお堂がある。

一般には御廟となっているが、今でも生きているのに、

そう言って、いいものか?

そう、弘法大師は生きているのである。

単にお堂にこもっているだけで、今でも食事が運ばれているのだ。

さすが、スーパースターである。

そんなわけないやんとは、考えてはいけない。

とにかく生きているんだってば!

お参りして気づいたのだが、変な連中がいる。

指を組んで、合掌しているのである。

む?異教徒か?

高野山は宗派を超えているとは言うが、

宗教まで超えるとは・・・。

さすがスーパースター。

伊達に、筆を投げつけただけで岩に文字を書いたり、

ジャンプした瞬間に、両手両足に筆を持って文字を書いたり、

そんな荒業をするだけはある。

こうして奥の院を後にした。

« ミステリアス高野山探検記(その3:奥の院ワンダーロード) | トップページ | ミステリアス高野山探検記(その5:大伽藍及び大門) »

和歌山県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミステリアス高野山探検記(その4:奥の院):

« ミステリアス高野山探検記(その3:奥の院ワンダーロード) | トップページ | ミステリアス高野山探検記(その5:大伽藍及び大門) »