フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 宮島水族館。広島の旅(その5) | トップページ | 戦国ロマン!千畳閣。広島の旅(その7) »

2008年1月15日 (火)

ワンダーランド大聖院!広島の旅(その6)

大聖院にやってきた。

そんなつもりは全くなかったのだが、

ここは相当な珍寺であった。

Img_2622

仁王門はいかにも名刹であることを物語る。

Img_0486

仁王門をくぐると、階段が続き、マニ車が延々と続いている。

とりあえず、ぐるぐる回す。

途中でアンパンマンの石像もあった。

Img_2624

御成門である。いよいよメインが始まるのである。

上につくと、景色が一転し、趣のある建造物群が並ぶ。

Img_2626

観音堂である。行基作と言われる十一面観音が祀られている。

Img_2628

続いて、摩尼殿である。ここにも賓頭盧尊者がいる。

ちなみに二階は、怪しげに大群の仏様が祀られていた。

Img_2630

Img_2631

大師堂である。そうここは真言宗(御室派)の名刹なのである。

Img_2636

遍照窟である。四国八十八箇所の本尊が祀られ、

お砂踏みができる。

プチお遍路体験ができるのだ。

Img_0491

11番札所藤井寺に大阪の藤井寺出身の白石先生は反応していた。

関係ないけどね。。。

大聖院の珍寺ぶりに、

これは、

「フェイバリットサイトである「珍寺大道場」に連絡だ。」

などと興奮してたが、

家に帰って、サイトチェックすると、既に紹介されていた。

さすが・・・。

« 宮島水族館。広島の旅(その5) | トップページ | 戦国ロマン!千畳閣。広島の旅(その7) »

広島県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワンダーランド大聖院!広島の旅(その6):

« 宮島水族館。広島の旅(その5) | トップページ | 戦国ロマン!千畳閣。広島の旅(その7) »