フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 戦国ロマン!千畳閣。広島の旅(その7) | トップページ | ミステリアス高野山探検記(その2:金剛峰寺) »

2008年1月17日 (木)

ミステリアス高野山探検記(その1:丹生都比売神社)

平成19年9月23日


夏休みを利用し、実家に帰ったとき、

我が家の宗派が高野山真言宗なのを理由に、

両親と高野山へ行った。


もっとも信仰心というより単純に遊びに行ったのだ。

私はお寺が好きである。

お寺は仏教のテーマパークなのである。


高野山には車で行った。

阪神高速~阪和道~国道24号線と行き、

橋本から高野山へと上っていく。


高野山に上る途中、興味深いものを見つけた。

「世界文化遺産・丹生都比売神社」

思わずハンドルを切った。

この神社の縁起は、次の通りである。

神宮皇后が出兵の際、丹生都比売大神の信託を聞き、

勝利することができたらしい。

それで応神天皇が感謝し、神社を建てたらしい。

またもや神宮皇后である。

西日本の神社の縁起には必ずと言っていいほど、

彼女の名が出てくる。

藤原紀香が結婚式をした神戸の生田神社も

たしか神宮皇后が関係していた。

とにかく参拝する。

かなり古風な神社である。

あまり有名な神社ではないが、

素晴らしい神社である。

ちなみに旧官幣大社だそうだ。

Img_2816

Img_2817

Img_2820

参拝を終え、お守りを買おうとしたが、

宮司さんがいない。

しかも、千円札が数枚机の上に置いたままである。

なんて、呑気なのだろう・・・。

こんなとこで金盗むやつはいないということか・・・。

いくら待ってもこないので、料金を机の上に置いて、

お守りをとった。

帰り際、宮司さんがいたので、

お守りの御代を置いておいたことを伝えると、

笑顔でありがとうって・・・。

ほんと呑気だ。

まだまだ紀州には、古き良き日本が残っているってことだね。

かなり寄り道したが、いよいよ次回は金剛峰寺である。

« 戦国ロマン!千畳閣。広島の旅(その7) | トップページ | ミステリアス高野山探検記(その2:金剛峰寺) »

和歌山県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミステリアス高野山探検記(その1:丹生都比売神社):

« 戦国ロマン!千畳閣。広島の旅(その7) | トップページ | ミステリアス高野山探検記(その2:金剛峰寺) »