フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« ミステリアス高野山探検記(その4:奥の院) | トップページ | お初天神散策 »

2008年1月18日 (金)

ミステリアス高野山探検記(その5:大伽藍及び大門)

  奥の院入り口まで戻ってきた。


さすがに両親とも疲れているので、

そばのお土産屋さんで休んでもらうことにして、

私は金剛峰寺前の駐車場まで車を取りに戻った。


やはりじじばばをごぼう抜きである。

それどころか追い抜いた人がびびるほどの速度で歩いた。


途中に刈萱堂があった。

Img_2886

石童丸物語という説話がある。

刈萱道心というお坊さんとその息子石童丸の悲しいお話である。

その親子がともに修行した場と伝えられている。

以前、高野山に来たときに見学したが、

怪しげな石童丸物語の絵が並んでいたと記憶する。

ふもとの橋本にも刈萱堂があるらしく、

ここには人魚のミイラがある。

一度訪れたい。

とにかく今回は刈萱堂はスルーした。

てくてく歩く。

途中で高野豆腐を購入し、駐車場まで戻り、

両親を迎えにいった。

両親を乗せ、帰路に着く。

金剛峰寺を過ぎると、伽藍があった。

どうやらここも金剛峰寺の一部らしい。

3回目にして、ここは初めてきたぞ!

Img_2888

金堂である。何回も消失したので、あいにく昭和7年の建物である。

Img_2889

御影堂である。江戸時代の建物である。

Img_2891

西塔である。東塔もあるが昭和59年に建てたそうで新しい。

Img_2896

不動堂である。なんとこれは国宝なのである。

高野山で現存する最古の建物で、

鎌倉時代初期のものである。

今までこれを見ていなかったとは、

痛恨の極みである。

Img_2899

この度派手な塔は根本大塔である。

昭和12年に立ったらしい。

再び車に乗り込み、

今度は、大門に向かう。

Img_2901

大門は江戸時代の建立である。

真ん中で直立不動でポーズをとっているのは、

見知らぬご婦人である。

撮影のときはまったく気づかなかったのだが・・・。

フレームに入ってきやがった。

Img_2905

Img_2903 

とくと見よ!この鋼の体!

大門を見たら、高野山を下りていった。

順調に高速を飛ばし、帰る。

阪和道から湾岸線に入るところで、

親父が勘違いして、入れなかった。

松原線にはいっちまった。

関西以外の人にはイメージできないだろうが、

とにかくとてつもなく大回りをしているのだ。

なんとか大阪中心部まで戻ってきた。

お母様、左に見えるのは、大阪名物通天閣ですよ。

湾岸線までやっと戻ってきた。

む、むむむ・・・。

あれは!?

なんとフンデルトヴァッサーデザインのごみ処分工場ではないですか!

隣も同じくフンデルトヴァッサーデザインのスラッジセンターである。

こうして母上に大阪観光の双璧を見せることができたので、

結果オーライであった。

« ミステリアス高野山探検記(その4:奥の院) | トップページ | お初天神散策 »

和歌山県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミステリアス高野山探検記(その5:大伽藍及び大門):

« ミステリアス高野山探検記(その4:奥の院) | トップページ | お初天神散策 »